米雇用統計を注視、ドル円のドル安進むか下値正念場(10/4夕)

4日の東京市場は、おおむね揉み合い。106円後半、20ポイント程度のレンジ取引で、方向性も乏しかった。

米雇用統計を注視、ドル円のドル安進むか下値正念場(10/4夕)

<< 東京市場の動き >>

4日の東京市場は、おおむね揉み合い。106円後半、20ポイント程度のレンジ取引で、方向性も乏しかった。

ドル/円相場は106.90円前後で寄り付いたものの、終日を通して積極的な動意に欠ける。日米株価の動きなどをにらみつつも、NY時間に注目材料である米雇用統計の発表を控えていることもあってか、積極的な売買は手控えられた。結局、106.75-95円といった20ポイント程度のレンジ取引に終始、16時時点では106.80円挟みで推移しつつ、欧米時間を迎えている。

一方、材料的に注視されていたものは、「北朝鮮情勢」と「米貿易問題」について。
前者は、2日に発射された北朝鮮ミサイルについて、どこから発射されたものであるのかが話題に。韓国軍などは当初「潜水艦」と指摘していたが、米統合参謀本部報道官は「潜水艦から発射された兆候はなく、海洋に設けられた艀(はしけ)など発射施設から発射された」と発言していた。そうしたなか、4日の米朝実務者協議に向けて北の主席代表が会談場所とみられるストックホルムに到着しただけでなく、途中、一部記者団に「首脳会談には非常に楽観的」と述べたという。
それに対して後者は、今週中国が「国慶節」により休場なることで、米中についてやや停滞感が漂うなか、トランプ大統領は「中国側の交渉団が来週やって来る。協議は順調に進んでいる」と指摘したうえで、「中国が要望に応じないのであれば、我々には多大な力ある」と強くけん制をしていたようだ。また、それとは別に米欧間の貿易問題が新たにクローズアップされてきた感も否めず、新たな波乱要因に。ちなみに、トランプ氏は世界貿易機関が対EU報復関税を承認したことについて「素晴らしい勝利」と称賛していた。

<< 欧米市場の見通し >>

昨日の東京段階では、9月24日安値に面合わせをした106.95円レベルでドルは下げ止まった感が見受けられたものの、そののち同レベルを「しっかり」と割り込んできた。一時106.48円まで下落している。ドルの下値リスクが強まった感があり、このあと発表される9月米雇用統計などの内容如何では、さらなるドル安の進行もありそうだ。もちろん数字如何だが、106円割れトライといった様相を呈する可能性もある。

材料的に見た場合、継続案件として「北朝鮮情勢」や「イラン・サウジ情勢」、「英国情勢」、「米貿易問題」、「米金融政策」などが挙げられているほか「トランプ氏のウクライナ疑惑」に対する関心も高い。それぞれが要注意なのだが、敢えてひとつだけ取り上げるとすれば、米経済指標の発表や要人発言を踏まえた「米金融政策」に注意を払いたい。今週発表される米経済指標は悪い数字が目立っており、本日の雇用統計についても、予想値より悪化しても不思議はないといった見方も聞かれるなど、ある程度は織り込み済みか。とは言え、それも数字次第で、市場は良い数字よりも悪い数字に反応しやすい状況だけに、敢えて悪い数字を探すアラ探しの様相から、やはりドル売りで反応するとの指摘も少なくないようだ。

テクニカルに見た場合、短期のサポートと目されていた106.95円レベルを割り込み、ドルは一時106.48円までドル安が進行している。リスクはドル安方向ながら、昨日下げ止まった水準は、8月安値104.44円を起点とした上げ幅の半値押しにあたるテクニカルポイント。ちょうど良いレベルで下げ止まったと言えるかもしれない。
ちなみに、106円半ばを割り込めば、次のターゲットは同61.8%押しにあたる106円前後。逆にドルが反発した場合には、移動平均の25日線が位置する107円半ばが意識されそうだ。

一方、材料的に見た場合、8月の貿易収支や9月の雇用統計といった米経済指標が発表される予定となっている。うち、雇用統計については、市場でもっとも注視されている非農業部門雇用者数の予想値としてプラス14.5万人が見込まれており、前月(プラス13万人)よりも改善する見通しだ。ただ、先でも指摘したように、今週発表される米経済指標は悪い数字が多いことから、「前月並みにとどまる」などと、やや悲観的な予想をする向きも決して少なくない。
また、ボスティック・アトランタ連銀総裁の講演をはじめ、米通貨当局者による発言機会が多いうえ、スウェーデンで実施されるとみられる「日朝首脳会談の実務者協議」などの行方も気掛かり。場合によっては、それらが波乱要因に。

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは、106.10-107.30円。ドル高・円安方向は、目先安値106.48円を示現後、一度も回復していない107円レベルが最初の抵抗。超えれば、107円半ばに位置する移動平均の25日線などがターゲットに。
対するドル安・円高方向は、昨日記録した安値106.48円の攻防にまずは注視。ちなみに、このレベルはフィボナッチの観点でも重要なサポートとなる。下回ると、同じフィボナッチの次のサポートとなる106円前後が意識されそうだ。

<< 欧米市場の見通し >>

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る