トルコリラ円レポート月曜版(2020年1月20日)

週間レンジがわずか22銭と最近のトルコリラ円としてはクリスマスの週に次ぐ値幅の狭い一週間となりました。

トルコリラ円レポート月曜版(2020年1月20日)

トルコリラ円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、テクニカルに値幅観測と昨年末の水準を考慮し「18.35レベルをサポートに、18.80レベルをレジスタンスとする動き」を見ていました。実際のレンジは、安値が18.62レベル、高値が18.84レベルと、思った以上に底堅かったものの、週間レンジがわずか22銭と最近のトルコリラ円としてはクリスマスの週に次ぐ値幅の狭い一週間となりました。

先週のトルコリラ円は、前週の米国とイランとの対立激化が回避されたことで、地政学的リスクが低下したことによるリスクオフの巻き返しに続いて、堅調な株式市場を見てのリスクオンが下支え要因となったいっぽうで、16日のトルコ中銀の金融政策決定会合を控えて上値も重たい地合いが続きました。

先週のトルコ中銀の金融政策では事前のコンセンサスが0.5%利下げを行い11.5%というところでしたが、結果は0.75%の利下げを行い11.25%と何とも微妙な下げ幅となりました。コンセンサスに反して1%以上の利下げを行うようであれば、現状のCPI(前月年率11.84%)と乖離し、実質的にはマイナス金利となることが懸念されていましたが、CPI以下とはなったものの0.75%と刻んできたことで、利下げ打ち止め感が市場参加者に広がったというところだと思います。発表後に18.82レベルまで上昇し、翌18日に18.84レベルと若干高値を更新後、高値圏での引けとなりました。

声明でもCPIについて触れていますし、今回の利下げまではギリギリ想定範囲内でもあります。利下げ打ち止め感も出てきたところまでは今のトルコリラにとっては好材料ですから、次回以降の中銀会合で更なる利下げ観測が出て来なければよし、というところではないでしょうか。ただ、先週後半はドル円の円安の動きもあり、ドルトルコリラで見た場合には週後半はドル買い・トルコリラ売りとなっています。

少なくとも対ドルではトルコリラ安に動いていますので、円安に助けられた面が大きいだけで、実際のところは利下げによりトルコリラは売られたという判断の方が妥当だと言えるでしょう。

そして、今週は23日にトルコの消費者信頼感が出る程度ですし、トルコ周辺の地政学的環境にも目立った変化は起きていませんので、ドルトルコリラにおけるトルコリラ安が継続するか、またドル円での円安地合いが続くかどうか、それぞれのバランスで方向感が出にくい一週間になるのではないかという見方をしています。

それ以上に現在のトルコリラ円はテクニカルに先週から来週あたりまで、かなり微妙な水準に上がってきていることが気になりますので、今週は週足チャートからご覧ください。

トルコリラ円レポート月曜版

先週高値は太いピンクのレジスタンスラインに接して上抜け出来ずという水準でしたが、現在のトルコリラ円はピンクのサポートと合わせたトライアングル(三角もちあい)の中でどちらに抜けるかを見極める段階にあります。上抜ければ一段高となりますが、反落したらサポートまで下がる可能性、下げるシナリオとして青いラインで示した下降チャンネルも頭の片隅には置いておく必要がありそうです。

また、対ドルでの動きを考えると、先週の上昇の後に今週は反落するのではないかというのが、チャートを見て思うことです。こうしたことも考えながら、いつもの4時間足チャート(上からトルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円)をご覧ください。

トルコリラ円レポート月曜版 2枚目の画像

週足チャートの上下のピンクのラインをそのまま表示し、また先週高値が目先の高値となったと想定して先々週の安値とのフィボナッチ・リトレースメントを表示しました。すると、38.2%押しが18.51、半値押しが18.42となっていて、先週ほどの狭い値幅が続くとも考えにくいので、半値押し程度の調整があるのではないかという見方をしてみました。

トルコリラ自体は対ドルでは弱含んでいること、トルコリラ円は長期チャートのレジスタンスに上がってきたことから、今週のトルコリラ円は18.40レベルをサポートに、18.80レベルをレジスタンスとする動きを見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性 ・米大統領選
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国、NATOとの関係悪化ロシアへの接近 ◎↓
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る