トルコリラ下げ加速、連日の史上最安値更新(5/23夕)

5月に入りほぼ一方向で値を下げているトルコリラですが、本日は一段と下げを加速しています。

トルコリラ下げ加速、連日の史上最安値更新(5/23夕)

トルコリラ下げ加速、連日の史上最安値更新

5月に入りほぼ一方向で値を下げているトルコリラですが、本日は一段と下げを加速しています。昨晩トルコリラが24円を割り込む動きとなった事で、今朝7時過ぎにFX業者のロスカットルール発動による本邦の個人投資家の損切りと見られる大量の売りが出てトルコリラは一気に22円台に下落。対ドルでも4.81を突破しました。

その後のアジア時間では一旦は落ち着いたものの、夕刻欧州勢参入とともに一段安の様相となり、東京時間18:30までに対円で22.29、対ドルでは4.9253の安値をつけ売りが売りを呼ぶ展開となっていて、週明けからの下落幅はいずれも8%を越えています。

もともと米ドルの長期金利の上昇による新興国通貨売りに始まった今回のトルコリラの下落ですが、14日にロンドンでエルドアン大統領が有力機関投資家向けに開いた経済政策説明会で、景気刺激のために金利引き下げを実施する事で物価上昇と通貨安に歯止めがかかるという珍奇な説を主張、通貨安と10%を越えるインフレに歯止めをかけるための中銀の緊急利上げを期待する市場と真っ向から対立した事で通貨安に拍車がかかりました。
翌15日には6月24日の大統領選以降経済への関与を強める意向を示し、中銀への恫喝ととられかねない発言も出た事から、中央銀行の独立性に対する危機感が広がり、昨日22日にはフィッチがこれを問題視するステートメントを出しています。トルコ中銀は16日には口先介入で為替相場を牽制一旦は反発の兆しを見せたものの、具体的なアクションはおこせておらず、結局無策を見破られ、トルコ売りが加速する形となりました。

一昨年のクーデター未遂以降急速に独裁的傾向を強めているエルドアン大統領は、戦後トルコの伝統である世俗主義を捨て、オスマントルコの再興を目指しているかのように見えます。昨年には首相職を廃止し大統領の権限を大幅に拡大する憲法改正を実施、そして今回1年以上前倒しした大統領選と国会議員選挙で大統領制への移行を早め更なる権限強化を図るつもりのようです。トルコは構造的に外貨建て債務が大きく自国通貨安は、債務の実質的拡大と輸入物価の上昇を通じて経済的な危機を強める事となります。

本邦では2007年頃90円台だった頃からトルコリラは高金利通貨として根強い人気を博してきました。その後リーマンショック時に大きく値を下げて以降、対円でトルコリラは70円台を一度も回復できていません。金利差を狙っての比較的低レバレッジでのトルコリラ買いの長期ポジションや、一時証券会社が盛んに販売したトルコリラ建ての債券等の商品もさすがにこの水準では取引の維持が難しくなっているものと想像され、今朝のロスカットの動きは気になるところです。

エルドアン大統領と与党AKPが来月選挙に勝利する可能性は高く、当面トルコリラ反発の材料は見当たらない一方で、強権的な内政、外交には内外の不満も大きく、最近でも19日にエルドアン暗殺計画の存在が伝えられたのに対し副首相が「エルドアン大統領は死の恐怖におびえるような人ではない」と強気の姿勢を示すなど、情勢は不安定です。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米中貿易戦争◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ユーロ圏の経済指標2018年に入り軒並み悪化○↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・予想外の政権交代と保護主義化◎↓ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・米国との相互ビザ発行停止等関係悪化 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安による海外資金の流出 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・ズマ大統領辞任による期待感◎
    ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る