米市場続落するも下げ止まる(2017年3月23日早朝)

昨晩の海外市場ではトランプ大統領の政策期待後退の中でのリスクオフの動きが続きましたが為替、株、金利とも終盤には持ち直し、

米市場続落するも下げ止まる(2017年3月23日早朝)

米市場続落するも下げ止まる

昨晩の海外市場ではトランプ大統領の政策期待後退の中でのリスクオフの動きが続きましたが為替、株、金利とも終盤には持ち直し、スパイラル的な相場下落は一旦回避した形となりました。

NYダウは6.64ドル安の20,661.37ドルと小幅安で終了していますが、S&P指数とナスダック指数は小幅反発。ドル円は一時110.73まで下げ年初来安値を更新しました。
日本時間の深夜にはロンドン中心部でのテロ発生が伝えられ、四人が死亡20人以上がけがをしたと伝えられていますが、市場への影響は限定的でした。

市場では今回のリスクオフの引き金となったオバマケアの改廃法案の行方に注目が集まります。
同法案は本日米国時間に下院での採決が予定されていますが、法案通過に必要な議員の数に足りていないとされており、否決、採決延期等の結果になった場合、トランプ大統領の政権運営に大きな疑問符がつくこととなり、再度リスクオフの動きとなることが予想されます。
政権側には保守派の支持を求めて、法案を一部修正する動きもあると伝えられており、帰趨が注目されます。

また、本日本邦では衆参両院の予算委員会は学校法人森友学園をの国有地払い下げに関連して同学園の籠池理事長の証人喚問を行う予定です。

今朝がたニュージーランド中銀は事前予想通り政策金利の1.75%での据え置きを決めています。ニュージーランドドルは発表時対ドルで0.7040から0.7070の範囲でやや激しく上下動しましたが現在はやや弱含みの0.7050近辺での取引となっています。

ドル円は昨晩の安値からは買い戻され、昨日アジア時間終了時に近い111円前半での取引となっています。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る