1985年のポンド(2016年7月6日)

今昔物語にプラザ合意の時の手書きチャートを載せましたが、最近のポンドのニュースを見ていると、先週以降1985年以来の安値を更新といったセリフをよく見かけます。

1985年のポンド(2016年7月6日)

1985年のポンド

レーガノミクスと強いドル

今昔物語にプラザ合意の時の手書きチャートを載せましたが、最近のポンドのニュースを見ていると、先週以降1985年以来の安値を更新といったセリフをよく見かけます。1985年はどのような年だったのでしょうか?

当時の米国は1984年の大統領選挙で現役のレーガン大統領が再選し、1985年には大統領2期目に入りました。レーガン政権はレーガノミクスと名付けた経済政策を取っていましたが、その柱のひとつが「マネーサプライの伸びを抑制し通貨高を誘導、インフレ率を下げる」というものでした。

ドル円263.65、ポンドドル1.0360

結果として1985年2月にはドル高が進み、2月25日にはドル円が263.65レベル、翌26日にはポンドドルは1.0360レベルとパー(1ポンド1ドル)になるのではないかという、手の付けられないほどのドル高を演じたのです。結局、同年9月には米国はドル高政策を破棄し、プラザ合意で歴史的なドル安誘導を行うこととなりました。

この1985年2月26日のポンド安値が、ニュースで出て来る1985年以来というセリフの根拠です。当時のポンドドルの日足チャート(1985年1月〜8月)をご覧ください。

      ポンドドルの日足チャート(1985年1月〜8月)

      ポンドドルの日足チャート(1985年1月〜8月)

超長期のチャートから見た現在のターゲットは1.2671

2月26日に安値を付けて以降は、介入に加え急速なショートカバーで3月29日には1.2600レベル、4月18日には1.3000の高値を付け、それ以降ポンドが1.30の大台を割ることは今回のブレグジットによるポンド急落相場まで無かったのです。

さて、この1985年の安値1.0360レベルと2007年11月のポンド高値2.1160レベルからフィボナッチ戻しを計算すると、78.6%(61.8%の平方根)押しが1.2671となります。現在のポンド売り第二幕は、この1.2671をターゲットにしつつ長期的には1.0360を視野にも入れる可能性があるポンド安相場と言えるでしょう。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る