来週の為替見通し 『米中貿易摩擦を巡るヘッドラインに引き続き警戒』(5/11朝)

5/6週のドル円相場は、米中貿易摩擦の激化を背景に、週を通して軟調推移が継続しました。

来週の為替見通し 『米中貿易摩擦を巡るヘッドラインに引き続き警戒』(5/11朝)

来週の為替見通し 『米中貿易摩擦を巡るヘッドラインに引き続き警戒』

5/6−5/10の振り返り

5/6週のドル円相場は、米中貿易摩擦の激化を背景に、週を通して軟調推移が継続しました。きっかけとなったのは、5/5(日)に投稿されたトランプ米大統領による「中国からの輸入製品2000億ドルに対する関税を現行の10%から25%へ引き上げる」「その他の3250億ドル相当についても関税賦課の対象とする」との対中関税引き上げを示唆するツイートです。ドル円はこのツイートを嫌気する形でギャップオープンすると(※5/3終値111.11、5/6始値110.62)、「米中貿易摩擦の激化→グローバルな景気後退懸念→世界的な株安→リスク回避の円買い」との連想から、5/9(木)には、2/4以来、約3ヵ月ぶり安値となる109.47まで下げ幅を広げました。

5/10(金)の日本時間13時1分には、予定通り「中国からの輸入製品2000億ドルに対する関税の引き上げ」が行われましたが、既に出航した貨物については「適用されない」と、米税関に猶予期間が設けられたことから市場への反応は限定的となりました。引けにかけては、2日間にわたる米中通商協議を経てトランプ米大統領やムニューシン米財務長官より「協議は建設的だった」との発言が報じられる中、市場では緊張感が幾分和らぎ、ドル円は110円手前まで反発しての越週となっております。

一方、ユーロドル相場は週を通して底堅い動きが継続しました。5/7(火)に欧州委員会が2019年及び2020年の景気見通しを引き下げたことで(※特に域内最大の経済規模を誇るドイツの下方修正が大きく、2019年ドイツ:前回比▲0.6%、2020年ドイツ:前回比▲0.2%)、ユーロドルは一時的に弱含む場面も見られましたが、下げたところでは押し目買い意欲も根強く、週半ば以降は反発に転じました。5/8(水)に発表されたドイツ3月鉱工業生産(結果0.5%、予想▲0.5%)の予想比上振れを受けたユーロ買いや、5/7(木)の米4月生産者物価指数(結果0.2%、予想0.3%)を反映したドル売りが下支えとなる中、同日海外時間には一時1.1252まで上昇する展開となりました。週末にかけてやや反落に転じるも、冴えない米4月消費者物価指数(結果0.3%、予想0.4%)を受けたドル売りがサポートとなる中、結局1.1230付近まで持ち直しての越週となっております。

5/13−5/17の展望

今週のドル円相場は、これまでチャートポイントとして意識されてきた、@心理的節目111円丁度、A4/10安値110.84、B一目均衡表雲上限110.81、C一目均衡表雲下限110.30、D心理的節目110円丁度、E3/25安値109.72、F1/3安値と4/24高値を結んだフィボナッチ38.2%押し109.56 を全て割り込む「急落劇」を演じました。この間、強い売りシグナルを表す「一目均衡表・三役逆転」の点灯や、ボリンジャーバンド下限に沿って下落を続ける「バンドウォーク」が確認されるなど、先週までの横ばい推移とは一変し、センチメントの悪化が鮮明となりました。実際、これまで冷静さを保ってきた通貨オプション市場でも、リスクリバーサルの拡大(円コールオーバーの拡大)が見られるなど、円高リスクを織り込む動きが着々と進行しつつあります。5/9に記録した安値109.47を割り込めば、心理的節目109円丁度や、先述のフィボナッチ半値押し108.69、1/31安値108.49を試す動きが視野に入ります。RSIなど一部オシレータ系インジケーターに「売られ過ぎシグナル」が見られるものの、反発局面では戻り売り意欲が強まると見られ、上値余地は限られそうです。

ファンダメンタズ的に見ても同様で、米インフレ指標が弱含む中、市場では再び「米利上げ観測の後退→米利下げ観測の高進」を意識したドル売りが強まりつつあります。以上のことから、ドル円はテクニカル的にもファンダメンタルズ的にも上値の重い展開が予想されます。来週は、米中通商協議を巡るヘッドラインやトランプ米大統領によるツイート、中国側の報復関税の具体的な内容、5/15(水)に発表される米4月小売売上高の結果、5/18(土)までに最終判断がなされる輸入自動車に対する関税引き上げの是非を巡るヘッドラインを注視しつつも、ドル円・クロス円の続落に警戒が必要でしょう。

ユーロドル相場は、週末にかけてやや反発に転じるも、決定的な方向感を見出すには至りませんでした。テクニカル的に見てもボリンジャーバンド・ミッドバンドを挟んだ動きが続く中で(※横ばいを示唆)、上昇トレンドに転換したと捉えるのは時期尚早でしょう。来週5/14(火)に発表されるドイツ5月ZEW景況感指数が冴えない結果となれば、「欧州経済の先行き懸念の高まり→ECBによる金融緩和の再開観測→欧州金利の低下」といった波及経路で再びユーロドルに下押し圧力が加わる展開も想定されます。また、米中貿易摩擦の激化が、欧米貿易摩擦の激化に波及するリスクも残っております。実際、米CFTCが公表する投機筋のユーロ売りポジションは過去最高水準に迫る勢いで積み上がりつつあります。当方では引き続き、ユーロドル相場の下落を予測いたします。

ドル円の予想レンジ:108.50−111.00
ユーロドルの予想レンジ:1.1100−1.1350

来週の為替見通し 『米中貿易摩擦を巡るヘッドラインに引き続き警戒』

ドル円日足

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る