週明けのユーロ軟調推移(17/10/2夕)

週明けの東京市場でユーロドルは軟調に推移。

週明けのユーロ軟調推移(17/10/2夕)

週明けのユーロ軟調推移

週明けの東京市場でユーロドルは軟調に推移。スペインのカタルーニャ地方で週末実施された分離独立へ向けての住民投票で独立支持派が9割に達したこと、投票自体を認めないスペイン政府との投票時の小競り合いでの想像を上回る激しい住民への弾圧と見える映像が流れたことなどが、ユーロのセンチメントを悪化させています。

東京時間の早朝1.18台前半で取引されていたユーロドルは、ユーロの売りが優勢で、午後には一旦1.1775近辺で下げ止まったものの、欧州勢参入とともにさらに売りが強まり、東京時間19:30現在は1.1735レベルでの取引です。

チャート的にはユーロドルは幾日か持ちこたえた一目均衡表の上限を破り、雲の中に本日はすっぽりと入る状況。9月に現出したヘッドアンドショルダーのターゲット1.16近辺に未だたどり着いていない状況で、雲の下限がちょうど1.16近辺に上昇してきており、そのレベルまでの下押し余地が広がった形。軽いサポートとなっている9/27の安値1.1717を下抜ければユーロ安が加速しそうです。
一方上値は、ネックラインの起点8/31安値1.1823、ネックライン1.1856あたりが重そうで、一旦下値をつぶすまでは、一段の上昇は苦しそうです。
18:00に発表となった8月のユーロ圏の失業率は9.1%と予想をやや下回る内容。
この後米国では、22:45製造業PMI、23:00ISM製造業景況指数、23:00建設支出、27:00ダラス連銀カプラン総裁講演と続きます。

序盤欧州株価指数先物はユーロ安を好感しておおむね上げて開始しています。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る