108円割れ回避での持合い継続中(4/20)

4月17日東京市場前半に108円試しへの下落となったが、108円割れを回避して18日は一時的に109円台を回復した。

108円割れ回避での持合い継続中(4/20)

<概況>

4月17日東京市場前半に108円試しへの下落となったが、108円割れを回避して18日は一時的に109円台を回復した。しかし109円台を維持できずに19日朝への下落で再び108円割れを試す。ここも108円割れを回避して19日深夜にかけて109円台を再び回復したが、維持しきれずに下落という状況。
110円割れ試しの3月27日から4月7日にかけても何度か110円割れを回避して戻すのだが、結局は底割れした。今回も同様の展開になるのか注目されるが、今のところは109円を回復しても維持できず、110円割れ回避での持合い時よりはややレンジを狭くして持ち合いとなっている印象だ。

4月11日からのドル円急落はトランプ大統領ツイートで朝鮮半島有事リスクが高まったこと、さらに13日未明のドル高牽制発言(WSJ紙インタビュー)がきっかけであったが、17日までの下げでこの流れは一服している。大統領のドル高牽制発言については財務長官が「ドル高の現状を指摘した」に過ぎず、米国としてドル安へ政治介入する意図ではないという旨をFT紙インタビューで述べており、ひとまず落ち着いた。
北朝鮮情勢も、週末の軍事パレード、ミサイル発射失敗に対する米国側のリアクションが有事リスク感を拡大するものではなかったため、これも一服している。国連安保理での北朝鮮非難声明について議論されたが、ロシアが反対して声明は出されなかった。この類の声明はこれまでに何度か出ており、真新しいものではない。また中国が今回は反対しなかったことが注目された。

朝鮮半島へ北上中と報道されていた米空母カールビンソンもまだ南方に待機している状況であり、空母接近、日米韓の大規模軍事演習による緊張激化等は見られない。来週25日の建軍記念日へ向けて再びリスク感が拡大する可能性はあるので、有事リスクが後退したとまでは言えないが、暫く様子見というところだろうか。
米FRBのフィッシャー副議長は19日、ワシントンでのパネルディスカッションで、FRBによる金融政策の正常化は「緩やかに進む」、海外の下振れリスクはここ数年「大幅に縮小」していると述べた。従来のスタンスと変わらず。
米ボストン連銀ローゼングレン総裁は19日のニューヨーク州講演で、保有資産縮小は「比較的早期に開始できる」、それによって「利上げペースを大きく変えるべきではない」と述べた。同総裁選はFOMCの投票権はないが、これも従来のスタンスを継続している印象。
総じて材料、環境的には円高一服の小康状態であり、新たなきっかけ待ちと思われる。

【60分足 一目均衡表分析】

【60分足 一目均衡表分析】

19日夜への上昇で60分足の一目均衡表では遅行スパンが好転(実線を上抜く)、先行スパンも上抜いてきている。20日未明へやや下げたが両スパン好転状態は維持されているので、戻り高値を試す可能性がある。
109円台に乗せ、維持できるかどうかがポイントだが、仮に18日高値を上抜いてくる場合、17日朝安値に対して19日朝安値が切り上がり、18日高値に対しても戻り高値が切り上がる形となるため、17日安値と18日安値を底割れ回避型のダブル底としてもう一段高へ戻しに入る可能性が出てくる。その場合、上値目処は109.50円台から13日未明高値109.86円前後まで切り上がってくる可能性がある。しかし、高値を更新しても109円台を維持できずに失速する場合及び高値更新できずに108.50円割れしてくる場合は、109円台序盤から108円台序盤までのレンジによるボックス型持ち合いに留まり、ボックス上限到達後はボックス下限をもう一度試すという流れになりやすくなると思われる。

先行スパンを上回る内は高値更新の可能性ありとしつつ、先行スパンから転落開始なら108円試しを想定する。
108円割れの場合は17日からの下げ渋り持ち合い終了、下放れにより、107円台序盤への下落(持ち合い幅の倍返し)を想定したい。(了)<10:00執筆>

【今日から明日への主要イベント】

4月20日
G20財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、21日まで)
8:50 日 3月貿易収支 (予想)+5758億円、(前月)+ 8134億円
21:00 米 パウエルFRB理事、講演
21:30 米 新規失業保険申請件数 (前週)23.4万件
21:30 米 3月フィラデルフィア連銀製造業指数 (予想)26.9 (前月)32.8
23:00 米 3月景気先行指数 (予想)0.20% (前月)0.60%

4月21日
国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季総会(於:ワシントン、23日まで)
13:30 日 2月第3次産業活動指数 (前月)±0.0%
22:30 米 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がりと弾劾問題 ◎↓
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の財政政策による経常赤字の拡大
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・フランス大統領選中道マクロン氏勝利の安堵感 ○↑ 
    ・ECB金融緩和政策の今後の見通し ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・イタリア銀行の資本不足問題 ○ 
    ・大衆迎合主義、極右政党の台頭 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・意外に堅調なNZ経済 ◎↑ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・中銀のNZ安誘導コメント △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・クーデター未遂と政情不安による海外資金の流出 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・ISによるテロの激化と難民流入の影響 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
    ・ズマ大統領によるゴーダン財務相解任と債務格付けのジャンク化 ◎↓
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る