NZのGDP結果(2016年3月17日)

NZの第4四半期GDP結果

NZのGDP結果(2016年3月17日)

NZのGDP

             NZのGDP

             NZのGDP

            @前四半期比ベース

            @前四半期比ベース

                    

              A前年比ベース

              A前年比ベース

B内容
国内消費支出は1.1%伸びた。
在庫は増加。
固定資本投資(設備投資)は1.1%のダウン。
輸出は0.3%増、輸入は0.7%アップした。

一方、産業別の分析では
企業サービスは1.5%アップした。これは広告・リサーチ・管理サービスの伸びが貢献
建設も2.5%アップした。
小売やその関連は1.7%アップした。特に、家具・電化製品・食品や飲料の伸びが寄与。
農業は1.7%ダウンとなり、乳製品や肉の生産減少が響いている。

国際比較(左の数値が四半期比ベース、右の数値が前年同期比ベース)

国際比較(左の数値が四半期比ベース、右の数値が前年同期比ベース)

コメント

NZのGDPは予想を上回る数値となりました。前四半期比ベースの3期移動平均線を見るとまだ上昇トレンドには入っていませんが、底打ちの状況を見せています。また年率ベースでは横這い続き、まだ2013年後半〜2014年にかけての強い伸びまでには回復していません。それでも他の先進国と比較して不美人投票は上位に入れる位の成長は残しています。
相場は、対米ドルで0.6580付近で推移していたNZはGDP発表後に0.6720付近まで急上昇しました。その後、豪ドルの失業率改善などで連れ高となり、現在は0.6750〜80レンジで推移しています。相場自体は大きなレンジ0.64〜0.69推移は変わらず、短期的なレンジと見ていた0.6620〜0.6820を一度40ポイント程度(0.6580付近まで)下抜きましたが、再度レンジ内に引き戻されています。
利上げ実施したばかりのNZは当面の売り材料が無くなりつつあり、この間にNZは狭いレンジの0.6820越えて、レンジ上限の0.69までトライできる力を出せるか試す流れにいるかもしれません。

関連記事

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2022.10.31

    N$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

    シカゴ先物市場における、いわば投機筋と呼ばれる市場参加者の建て玉で、ロングとショートの差し引きで現在どの様なポジションに傾いているのかを判断するものです。

    N$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

  • オーストラリアドル(AUD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2022.10.31

    A$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

    シカゴはロング900枚減、ショートはなんと15,200枚増で、ネット16,100枚もの豪ドルショート増になりました。

    A$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

  • 日本円(JPY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2022.02.04

    日経平均株価のテクニカル(22/2/4)

    米国主要株価指数は大きく下げた後に現在はやや調整が入っていますが、日本株も同様の動きとなっていることから今後の展開についてテクニカルに考えてみます。

    日経平均株価のテクニカル(22/2/4)

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:川合 美智子

    2016.03.18

    日足は上値トライの可能性(2016年3月18日)

    3/10のニュージーランド準備銀行の予想外の利下げで、急落したNZドルは材料を消化して対USドル、対円で再び上値トライの動きに転じています。

    日足は上値トライの可能性(2016年3月18日)

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2016.03.16

    NZの第4四半期GDP(2016年3月16日)

    日本時間2016年3月17日朝6時45分発表予定

    NZの第4四半期GDP(2016年3月16日)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る