ドル円予想と振り返り「今週も108円台でのもみあい濃厚」(週報6月第3週)

先週のドル円は冴えない一週間で終わりました。前週はまだ108円割れで買いなど動かないなりにも下側はやや広かったのですが、

キーワード:

ドル円予想と振り返り「今週も108円台でのもみあい濃厚」(週報6月第3週)

今週の週間見通し

先週のドル円は冴えない一週間で終わりました。前週はまだ108円割れで買いなど動かないなりにも下側はやや広かったのですが、週初に対メキシコ関税が回避された分、ドルが底上げした動きとなり、108円台前半が買いと週を通してのレンジもわずか64銭となりました。これは過去20年間(ユーロスタート以降)でも6番目の値幅の狭さを記録しています。

なかなか動きがとりにくい中、円売りポジションにも変化は無く売買どちらのサイドにも動ける状態です。材料的には先週も書いた通り米国政策金利が来月にも利下げされるとの思惑や、香港における逃亡犯条例撤回のデモが200万人を超える状況など、ドル売り、あるいはリスクオフによる円買いにバイアスがかかりやすい地合いにあると考えています。

利下げ思惑の急速な前倒し思惑が広がる中で、今週はFOMCが開催されます。市場参加者は、思惑で過剰に反応する傾向はありますが、現状はさすがに今週のFOMCでの利下げを考える参加者は少なく、今回は現状維持がほぼ決定的かと思われます。現状、そして先行きの景気に対する見方、さらに来月以降の利下げ見通しについてFOMCメンバーがどのように見ているか、市場参加者の思惑とのつき合わせ作業になるかと思います。

前回3月時点よりもハト派の見通しとなる可能性が高いと見ていますが、さすがに市場参加者の思惑にまでは近づかないとも見ています。おそらく年後半で1回の利下げというところが平均値になるのではないでしょうか。その場合、これまで利下げを織り込んできた向きがどう反応するかですが、やはりFOMCメンバーも利下げという点を取るのか、あるいは市場の織り込み度よりも弱いと見るのか、市場の動きについては悩ましいところです。

個人的には、既にかなりの利下げを織り込んで動いていますので、市場の思惑よりもハト派スタンスが弱い場合には、ポジション調整から利下げ思惑がやや後退し、それを受けての株売り、そして為替市場は株価の下げを見てのリスクオフとなるのではないかと思います。現在のドル円を取り囲む材料としては、実際のドルが底堅い値動き以上にドル安・円高に動き可能性の方が高いのではないか、そのように見ています。

テクニカルにはどうでしょうか。日足チャートをご覧ください。

今週の週間見通し

ドル円(日足)チャート

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

前回から目立った変化も無く、4月高値からの下降チャンネル内での動きを続けています。やはり、年初来安値と高値の61.8%押しが107.76であったことは下値のターゲット達成感があったようです。またチャンネルは着実に低下していますので、上のレジスタンスまでの距離も狭くなっていて本日時点で109円を割り込み、5月末に割り込んで下げトレンドを確定させる前の安値5月13日安値の109.02とも近い水準にあります。大きく109円は引き続き強いレジスタンスにあると見てよいでしょう。

ただ、材料的にもテクニカルにも下に動きやすいと言っても、週明けの水準が108円台半ば、先週の動きを見ていても108円は簡単には割り込まないイメージです。トランプ大統領の発言次第ではぶれる可能性はありますが、それでも新たなリスクオフ材料でない限りは108円が底堅いと言えます。

今週も108円台前半から半ばを中心としたもみあいを継続しやすいと考え、108.00レベルをサポートに109.00レベルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の予定(時刻表示のあるものは日本時間)

今週注目される経済指標と予定をあげてあります。影響が少ないものはあえて省いています。FRB地区連銀総裁講演の内、2019年FOMCメンバー(ニューヨーク、シカゴ、ボストン、セントルイス、カンザスシティ)ではない地区連銀総裁はカッコ付で示しました。また、わかりやすさ優先であえて正式呼称で表記していない場合もあります。

6月17日(月)
**:** 南ア市場休場
16:00 トルコ3月失業率
21:30 米国6月NY連銀製造業景況指数
23:00 米国6月NAHB住宅市場指数
26:00 ドラギECB総裁講演

6月18日(火)
10:30 豪州1〜3月期住宅価格指数
10:30 豪中銀理事会 議事要旨公表
16:00 トルコ4月鉱工業生産
17:00 ドラギECB総裁講演
18:00 ユーロ圏5月CPI
18:00 ドイツ6月ZEW景況感指数
18:00 ユーロ圏6月ZEW景況感指数
18:00 ユーロ圏4月貿易収支
21:30 米国5月住宅着工・建設許可件数
23:00 カーニー英中銀総裁講演
**:** FOMC(〜19日)


6月19日(水)
17:00 南ア5月CPI
17:30 英国5月CPI
18:00 ユーロ圏4月建設支出
23:30 週間原油在庫統計
27:00 FOMC結果公表
27:30 パウエルFRB議長会見

6月20日(木)
07:45 NZ1〜3月期GDP
**:** 日銀金融政策決定会合
15:30 黒田日銀総裁会見
17:30 英国5月小売売上高
20:00 英中銀MPC、議事要旨公表
21:30 米国新規失業保険申請件数
21:30 米国6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
23:00 ユーロ圏6月消費者信頼感速報値
29:00 カーニー英中銀総裁講演


6月21日(金)
08:30 本邦5月CPI
16:15 フランス6月製造業・サービス業PMI速報値
16:30 ドイツ6月製造業・サービス業PMI速報値
17:00 ユーロ圏6月製造業・サービス業PMI速報値
22:45 米国6月製造業・サービス業PMI速報値
23:00 米国5月中古住宅販売件数

前週の主要レート(週間レンジ)

前週の主要レート(週間レンジ)

上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。
為替の高値・安値は東京午前9時〜NY午後5時のインターバンクレート。

先週の概況

6月10日(月)
週明けのドル円は、週末にトランプ大統領が対メキシコの制裁関税を無期限延期するとの発言を受け株価とともにリスクオンの円売りの動きとなりました。欧州市場序盤までじり高の展開をたどり一時108.72レベルの高値をつけました。しかし、その後は株価の伸び悩み、クロス円での売りも出てじり安、NY市場ではトランプ大統領がG20サミットに習主席が出席しないと制裁関税発動との話や、マンハッタンでヘリが墜落との話も重なって108.32レベルまで下押し後、やや戻しての引けとなりました。

6月11日(火)
ドル円は、NY市場までは株価の上昇に支えられてじり高の展開となり、NYの朝方には前日高値を上抜け108.80レベルの高値をつけました。しかし、NY市場に入ってからはダウの下げとともにドル円も売られて東京前場の水準に押して引けました。


6月12日(水)
ドル円は、前日にごく目先の高値をつけた感が強まり上値の重たいスタートを切りましたが、東京市場ではじり安となった株価を横目で見ながらドル円も円高気味で海外市場入り。その後もじりじりと水準を下げNY市場では弱めのCPIも手伝って一時108.22レベルまで水準を切り下げましたが、ユーロドル下げの動きから東京前場の水準にドルが買い戻されての引けとなりました。

6月13日(木)
東京前場のドル円は、弱い株価とともに円高に動き一時前日安値を下回る108.17レベルをつけました。しかし108円割れにはドル買いオーダーが見えていることもあって、後場以降は株価とともに反発、NYの昼前には東京朝方の高値に並ぶ水準へと戻しました。しかし、ホルムズ海峡でのタンカー攻撃についてトランプ大統領がイランを非難したことからリスクオフを経て引けにかけてはやや戻しと上下ともに行き切らない展開が続きました。


6月14日(金)
前日NY市場の流れを継続し東京市場のドル円は上値の重たいスタートを切りました。欧州市場序盤には株価指数先物が下げる動きに追随し、一時108.16レベルの安値をつけ安値圏でもみあいのままNY市場に入りました。NY市場の朝方に発表された経済指標が予想よりも強かったことから週末を前にしたポジション調整の買い戻しが入り、後場に入ると急速にユーロドルが水準を切り下げたことからドル円も一段高となり108.59レベルまで買われて高値圏での引けとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る