東京市場のドルは157円台前半で推移、FOMCの結果待ちで様子見姿勢の強い地合いに(24/6/11)

東京時間(日本時間8時から15時)のドル・円は、目立った売買材料が観測されなかったことから、157円台の小動きとなった。

東京市場のドルは157円台前半で推移、FOMCの結果待ちで様子見姿勢の強い地合いに(24/6/11)

東京市場のドルは157円台前半で推移、FOMCの結果待ちで様子見姿勢の強い地合いに

【本日の東京市場】

東京時間(日本時間8時から15時)のドル・円は、目立った売買材料が観測されなかったことから、157円台の小動きとなった。

昨晩の海外時間では、最新の米国雇用統計を受けた早期の利下げ観測後退や消費者物価指数(CPI)、米連邦公開市場委員会(FOMC)待ちで157円を挟んだ小動き推移となった。NY連銀の1年先の期待インフレは低下したものの5年先の期待インフレが上昇、3年債入札も低調な結果に終わったことで、10年国債利回りは4.47%まで上昇する場面が見られた。

東京時間は157円台でのしっかりとした推移となったが、今晩からFOMCがスタートすることで様子見ムードが強まり積極的な売買は手控えられた。株式市場では、薄商いながらも日経平均が39000円台を推移するなどしっかり。株式、債券、為替市場いずれも静かな推移となった。

ドル・円(日本時間8時―15時)
始値:157円04銭
高値:157円38銭
安値:157円02銭
終値:157円28銭 

ユーロ・円(日本時間8時―15時)
始値:169円06銭
高値:169円41銭
安値:169円00銭
終値:169円32銭

豪ドル・円(日本時間8時―15時)
始値:103円79銭
高値:103円84銭
安値:103円64銭
終値:103円83銭

ポンド・円(日本時間8時―15時)
始値:199円91銭
高値:200円37銭
安値:199円82銭
終値:200円32銭

日経平均(日本時間9時―15時)
始値:39175円59銭
高値:39336円66銭
安値:39074円88銭
終値:39134円79銭(前日比+96円63銭)

【本日の海外市場の重要指標】日本時間

20時00分、欧、ビルロワドガロー仏中銀総裁とホルツマン・オーストリア中銀総裁が会議出席
20時05分、欧、レーンECBチーフエコノミストが会議出席
25時45分、エルダーソンECB理事が会議出席

米FOMC開催(12日まで)
ブラックアウト期間入り(金融政策に関する発言自粛)13日まで
※予定は変更することがございます。

【今晩の海外時間の見通し】

日足チャートでは、日足の一目均衡表の雲下限までの調整も視野に入っていたが、雲上限を上放れる展開となった。5月3日同様、50日移動平均線が下値支持線として機能しており下値の堅さが確認できた。

一部テクニカルアナリストは「ドル・円の日足チャートは、4月29日の高値と5月3日安値をそれぞれ起点とした三角保合いを上放れたように見える。ただ、これだけ様子見姿勢が強い地合いを考慮すると、保合い上放れにさほど意味は無いので誰もついていかないだろう」と指摘している。

今晩の海外時間は目立った経済指標の発表も控えていないことで157円前半でのもみ合いとなろう。チャート上は上を意識したような動きに見えるが、158円より上は政府・日銀による円買い介入観測が高まるゾーンのため上値は重い。日銀金融政策決定会合を週末に控えていることから、政府・日銀は円買い介入には動きにくいとの見方はあるが、株式市場、債券市場、様子見ムードが強く、積極的な売買は手控えられている。

今晩の海外時間は、目立った売買材料に乏しく、明日(東京時間13日未明)のFOMC声明及びパウエルFRB議長の記者会見受けて様子見姿勢は強い。小動き推移の相場展開を想定する。上値メドは157円50銭、下値メドは156円90銭とする。

東京市場のドルは157円台前半で推移、FOMCの結果待ちで様子見姿勢の強い地合いに

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る