ドル円151円台前半、昨晩米指標は消化不良か (11/16午前)

16日午前の東京市場でドル円は151円台前半で方向感に欠ける動き。

ドル円151円台前半、昨晩米指標は消化不良か (11/16午前)

ドル円151円台前半、昨晩米指標は消化不良か

16日午前の東京市場でドル円は151円台前半で方向感に欠ける動き。朝方、151.41レベルで取引の始まったドル円は、序盤もみ合った後、時間外の米長期金利が低下したことからじり安推移となり、10時半ごろに安値151.12をつけました。その後は米長期金利が小戻ししたことでドル円も買い戻され、東京時間正午現在は151.28レベルで取引されています。

日経平均株価は、取引開始後、前日終値付近でもみ合った後、前日、今年最大の上げ幅になったことからの利益確定売りが優勢となりました。昨日発表の本邦GDPの消費の弱さを反映したためか、小売、食品等が安く、227円安で午前の取引を終了しています。

昨晩海外市場では、同時に発表された注目指標のうち、米10月PPIは予想比鈍化、小売売上高の減少は予想ほどでなく、NY連銀製造業景況指数は予想外の堅調とバラバラの結果となったために乱高下。一瞬150.06まで急落の後、米長期金利とともに急反発に転じ151円台を回復しました。その後は米株価が堅調に推移したことから151.42まで一段高となり、そのまま151.40近辺で取引を終えています。

テクニカルにはドル円は、昨晩の上昇で再び21日移動平均線、転換線を上放れドル買い基調に復しています。 

昨晩の指標に関しては米小売売上高が思ったほど減少しなかった(事前予想前月比-0.3%に対し-0.1%)ことに加え、NY連銀製造業指数が予想外の強さを見せた(事前予想-3.0に対して+9.0)ことで、米金利、ドル円は上昇しましたが、小売売上高は前回+0.9%からは大きく落ち込んでおり、また、上記の通りPPIは予想以上に低下を見せています。これを受けて米株価も上昇、いわゆるゴルディロックス(適温)経済へのソフトランディング期待が高まっています。
ただ米経済のソフトランディング見通しを前提とした場合、昨晩の米長期金利の上昇にはやや違和感があり、市場によって受け止め方が分かれたものと思われます。本日東京市場では米長期金利も米株先物も下落に転じていますが、本来逆の動きをする両指標のどちらが上昇する形で正常化するのか要注目です。

ドル円151円台前半、昨晩米指標は消化不良か

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る