北朝鮮情勢沈静化せず、日経平均四日続落(4月14日)

復活祭の休暇でアジアでもシンガポール香港等の市場が休場、これからの海外時間欧米も多くの市場が休場となり、参加者の少ない本日のアジア時間では

北朝鮮情勢沈静化せず、日経平均四日続落(4月14日)

北朝鮮情勢沈静化せず、日経平均四日続落

復活祭の休暇でアジアでもシンガポール香港等の市場が休場、これからの海外時間欧米も多くの市場が休場となり、参加者の少ない本日のアジア時間では、北朝鮮をめぐる情勢に一向に沈静化の兆しが見られず、むしろ米国、北朝鮮の舌戦がエスカレート、売り言葉に買い言葉の悪循環に陥りつつあるように見え市場は一段のリスクオフとなりました。
日経平均は4日続落、本日も年初来安値を更新して91円安の18,335円で引けています。

明日の北朝鮮での故金日成主席生誕105周年の祝祭と、米カールビンソンの朝鮮半島到着で北朝鮮の情勢はひとつのピークを迎えますが、本日米NBCは北朝鮮に核実験の確証が得られた場合、トランプ政権は先制攻撃を行う準備を進めていると報道、これに対して北朝鮮では韓外務次官がAP通信の取材に対し「米国はより邪悪で攻撃的になった」「米国がそれを選ぶならわれわれは戦争に向かう」と発言、核実験についても「最高指導部が決断すれば実施する」と一歩も引かない構えです。一方中国は「取り返しのつかない道に進むのを阻止する必要がある」と双方に冷静な対応を呼びかけていますが、いまのところ具体的な行動にでている様子はうかがえません。
米国、韓国の専門家は衛星写真等の分析の結果北朝鮮で核実験の準備が整ったと見ており、明日、核実験が強行され、米国が攻撃に踏み切る可能性は現在でも否定できません。


また、16日日曜日にはトルコで大統領に権限を集中させる憲法改正に関する国民投票が実施されます。
昨年のクーデター未遂以降非常事態宣言が解除されておらず、野党党首、報道関係者等多くの大統領反対派が拘束されている中での改憲国民投票は、それでも賛否が拮抗しているといわれており、予断を許さない状況です。本日現地時間昼過ぎのトルコリラはリスク回避の動きから大幅安となっており対ドルで3.70に迫り、対円では29.50を割り込む動きとなっています。

本日欧米主要株式市場、債券市場は休場ですが米国では21:30に小売売上高、消費者物価指数の発表があります。為替市場は取引自体は続きますが、流動性の低下に伴うスプレッドの拡大、週末から週明けにかけてのレートの大幅な乖離が発生すること等もありえますので、為替のポジションを保有されている方は十分な注意が必要です。

関連記事

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2018.09.26

    ニュージーランドの8月貿易収支結果(18/9/26)

    NZの8月貿易収支は▼14.84億NZドルとなり、予想を大きく下回る赤字額となりました。赤字幅は過去最大で、輸入が過去最大に匹敵するほどの大きさとなりました。

    ニュージーランドの8月貿易収支結果(18/9/26)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:上村 和弘

    2018.09.26

    ドル円 上昇維持しつつFOMC発表を迎える(9/26)

    9月25日夜にはトランプ大統領の国連演説があった。また日米欧貿易相会合等も開かれたが市場が反応するような内容は見られなかった。

    ドル円 上昇維持しつつFOMC発表を迎える(9/26)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:編集人K

    2018.09.26

    ドル円113円手前で足踏み(9/26朝)

    25日の海外市場でドル円は113円手前の狭いレンジでの取引に終始。明日のFOMC結果公表を前に様子見気分が強く、高値は東京時間の高値と同じ112.98まででした。

    ドル円113円手前で足踏み(9/26朝)

  • 日本円(JPY)の記事

    Edited by:編集人K

    2017.04.17

    円高進行、日本株は反発(2017年4月17日)

    危険な状況も充分ありえたこの週末の北朝鮮情勢をまずは乗り切った本日の東京市場で、日本株は前週末の地政学リスクをやや割り引く動きが出て5営業日ぶりに小幅反発、

    円高進行、日本株は反発(2017年4月17日)

  • 日本円(JPY)の記事

    Edited by:編集人K

    2017.04.12

    両当事者の行動読めずリスクオフ(2017年4月12日)

    本日の東京市場では北朝鮮をめぐる動きの先が読みにくく新規材料難の中リスク回避の動きが続きました。

    両当事者の行動読めずリスクオフ(2017年4月12日)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・トルコ危機に伴うトルコエクスポージャー懸念○↓
    ・ユーロ圏の経済指標2018年に入り軒並み悪化○↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・資源国通貨安再燃の恐れ○↓
    ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国人牧師高速と対米関係悪化◎↓
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・トルコ発金融危機の波及懸念◎↓
    ・18年2Q予想外の景気後退○↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る