トランプ大統領首脳会談を連発(2017年1月30日)

トランプ米大統領は20日の就任式後の1週間で、自身の指名した新政権の閣僚の議会による承認が遅れている為なのか、

トランプ大統領首脳会談を連発(2017年1月30日)

ユーロドル:1月30日のファンダメンタル分析

テーマ:トランプ米大統領、大統領令の連発の次は、首脳会談の連発。

トランプ米大統領は20日の就任式後の1週間で、自身の指名した新政権の閣僚の議会による承認が遅れている為なのか、これまでは強権とみなされていた大統領令を連日連発しました。
それら大統領令の内容は、各々が選挙期間中の公約通りの物々なので、それ自体には驚きはないのですが、
市場が驚いたのはスピード感で、そして市場が好感したのは公約通りの有言実行を示した事です。

20日の丁度1週間後の27日に、次に始めたのは首脳会談の連発でした。
先ずは訪米中のメイ英国首相との首脳会談。
そして、メルケル独首相、プーチン露大統領、オランド仏大統領と、立て続けに電話会談。
通常であれば、新任のトランプ米大統領との儀礼的な挨拶なのですが、今回新任米大統領は、
いい意味でも悪い意味でも影響力のあるトランプ氏なので、各会談からどんな話題が飛び出してくるのか
予測不可能な面があり、事前に織り込む訳にもいかず、市場参加者や投資家は、結果が出て来る報道で
1つ1つ内容を吟味・検討しないとなりません。

各会談の結果内容次第では、リスク・オンにもリスク・オフにもなるので、報道されてくるニュースに要注意です。

ユーロドル:1月30日のテクニカル分析

ポイント:引続き高値更新を試す可能性が残ります。

先週24日の高値は1.0775、安値は1.0719
25日の高値は1.0770、安値は1.0710
26日の高値は1.0765、安値は1.0657
27日の高値は1.0725、安値は1.0657
と、先週の火曜日以降、日足での高値・安値は徐々に切り下がっています。
その意味では、4日間ですが、ダウントレンドあると言えます。

とは言え、3日安値の1.0339から上戻している流れから考えれば
日足の一目均衡表・転換線、基準線とを上抜いて上昇してきていて
24日には更に一段上昇して日足の一目均衡表・先行スパン1を上抜いて
その日以降、同線の上を維持して推移しています。

なので、24日の高値1.0775を超えてからは高値更新の再開と判断します。
同水準の下であっても、日足の一目均衡表・転換線の1.0682を上回っている内は
依然3日安値からの上昇トレンドにあると判断します。

今日のレンジは、1.0600~1.0750と見ます。

オーダー/ポジション状況

関連記事

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:斎藤登美夫

    2021.09.17

    結局レンジは脱却できず、往来相場継続か(9/17夕)

    17日の東京市場でドルが小高い。110円台回復を目指しドルは買い進められたが、結局とどかなかった。ただドルは高値引け。

    結局レンジは脱却できず、往来相場継続か(9/17夕)

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:川合 美智子

    2021.09.17

    ニュージーランドドル週報(2021年9月第3週)

    9/16現在、31週移動平均線は77.67に、62週線は74.77にあり中期トレンドは“NZやや強気”の流れにある。

    ニュージーランドドル週報(2021年9月第3週)

  • オーストラリアドル(AUD)の記事

    Edited by:川合 美智子

    2021.09.17

    オーストラリアドル週報(2021年9月第3週)

    豪ドルは対ドル、対円で上値を切り下げる流れが継続中です。

    オーストラリアドル週報(2021年9月第3週)

  • ユーロ(EUR)の記事

    Edited by:NSJ

    2017.01.31

    BOE 様子見か

    昨年6月に英国が国民投票でブレグジットを決めた後、英国の先行き、ユーロの先行きを懸念した市場は、ポンドを売りこみました。

    BOE 様子見か

  • ユーロ(EUR)の記事

    Edited by:NSJ

    2017.01.29

    ユーロの上値は重く(週報2017年1月第五週)

    ユーロは今年、イタリアリスクからの政治・選挙に注目で、その見通しが不透明な事からユーロの上値は重たいと想定されます。

    ユーロの上値は重く(週報2017年1月第五週)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る