豪ドルWeekly 手がかり材料難だが、98円の上値抵抗ライン突破を試す展開に(24/1/12)

今週の豪ドルは、CPIに対する動きは限定的で主に97円台での堅調推移となった。

豪ドルWeekly 手がかり材料難だが、98円の上値抵抗ライン突破を試す展開に(24/1/12)

手がかり材料難だが、98円の上値抵抗ライン突破を試す展開に

【今週の豪ドル】

今週の豪ドルは、CPIに対する動きは限定的で主に97円台での堅調推移となった。

10日に発表された豪・11月消費者物価指数は前年比+4.3%で市場予想の+4.6%を下回ったほか、10月の同+4.9%比では大幅に鈍化した。9月の同+5.6%から2カ月連続で大幅に鈍化したことから、オーストラリア中央銀行(豪中銀)による早期の追加利上げ観測は後退した。

また、コアインフレ率の指標として注目されるCPIの中銀トリム平均値は前年比+4.6%とこちらも、10月の同+5.3%から大きく鈍化した。ただ、CPIに対する豪ドルの動きは限定的で、為替市場の関心は、ドルおよびユーロに向かったままとなった。

豪ドルは10日のCPI発表前に96円13銭まで下落した後は、じりじりと上昇。一時98円台回復を試す場面を迎えるなどしっかりの展開となった。

豪ドル・円(東京時間:1月8日―1月12日(終値は9時台終値を参照))※Investing.comの日足を参照
始値:97円21銭
高値:97円80銭
安値:96円13銭
終値:97円27銭 

【来週の重要指標】※時間は東京時間

1月16日
9時30分、12月メルボルンインスティテュートインフレ(前月比)、前回:0.3%
9時30分、12月メルボルンインスティテュートインフレ(前月年):前回:4.4%
1月16日
8時30分、1月ウェストパック消費者信頼感(前月比)、前回:2.7%
8時30分、1月ウェストパック消費者信頼指数、前回:82.1%
1月18日
9時30分、12月雇用者数変化、前回:+61500人、市場予想:+15000人
9時30分、12月失業率、前回:3.9%、市場予想:3.9%
9時30分、12月参加率、前回:67.2%、市場予想:67.2%


※予定は変更することがございます。

【来週の見通し】

来週の豪ドルは、インフレと雇用の経済指標が発表されるものの、今週のCPI後の豪ドルの動向から、影響は限定的か。引き続きUSドルの動向に引っ張られる展開を想定する。

豪ドルが、自国経済指標などを要因として方向性を示すのは、1月31日に発表される10−12月のCPI発表まで待つ必要はある。

こうした状況を考慮すると、オーストラリアの経済指標発表で多少豪ドルが上下に振れても、方向感には乏しく小さな動きに留まるだろう。USドルの動向に振らされる地合いが続くと想定する。

テクニカル面では、96円80銭水準で推移している50日移動平均線(MA)が足元の下値支持ラインとなっている。日足の一目均衡表では、雲上限が切り下がったこともあり自然体で雲上抜けに成功。遅行スパンも来週には実線を上抜ける可能性が高いことから、トレンドは良好と言えよう。

昨年高値98円65銭(11月15日)を起点とした上値抵抗ラインが98円辺りに存在することから、目先のターゲットはこの水準か。この水準を上抜くと昨年高値奪還が意識されると考えるが、オーストラリア発のニュースでは積極的な豪ドルは手控えられよう。USドルの強い動きを頼りたいところだ。

なお、2024年一回目の豪中銀理事会は2月6日に開催される。今年は、1月22−23日の日銀金融政策決定会合を皮切りに、同25日に欧州中央銀行(ECB)理事会、1月30−31日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、2月1日にイングランド中央銀行(BOE)金融政策委員会が開催されることから、豪中銀は各中銀の方向性を確認する余裕がある。

手がかり材料難だが、98円の上値抵抗ライン突破を試す展開に

豪ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る