風の時代の到来、大会合と日本

秋頃から風の時代の200年に突入という話を耳にすることが多かったと思いますがこれは占星術の話です。

キーワード:

風の時代の到来、大会合と日本

風の時代の到来、大会合と日本

風の時代について少し書いておきましょう。秋頃から風の時代の200年に突入という話を耳にすることが多かったと思いますがこれは占星術の話です。占星術は太陽系の惑星の動きを中心に様々な事象を判断しますが、その中で木星と土星の会合周期である20年サイクルを大会合と呼び時代の判断といった長期的な見通しに使います。

また占星術で使う12サイン(実際の空の星座とは異なる黄道12宮)は、火、地、風、水の4元素に分類されます。2020年12月に起きた大会合は水瓶座、つまり風のサインで起きましたが、1842年〜2000年までの大会合は1回の例外を除いて全て地のサインで起きていました。地のサインは資本主義と考えて良いでしょう。

いっぽうで風のサインは、ボーダーが無くなるとか新たな主義思想と結びつけられますが、2220年まで続く風の時代ではインターネットやAIなどが今からは想像できないほどの進化を遂げ、世の中の仕組みも大きく変化してくると考えられます。まだ200年もあるわけですから、今想像できるのはせいぜいカーツワイル氏が書いたシンギュラリティの世界(2045年に1台のPCが全人類を超える)がせいぜいです。同氏によると2029年頃にその兆候が出てくるとのこと。

そして、風の時代200年よりももう少し現実的な話をすると、大会合は60年ワンセットで日本の景気変化と密接なつながりがあります。2020年からの20年間は、60年前の1961年〜1980年、120年前の1901年〜1921年と同じ性質をもつ景気サイクルとなる可能性があります。60年前は前回の東京オリンピックもあった高度成長時代、120年前は第一次大戦景気と呼ばれた好景気です。

2020年から2040年まで日本の好景気時代が来ると読んでいますが、どうなるでしょうか。

キーワード:

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る