4ヶ国株価比較(2016年3月18日)

4ヶ国株価比較(日・米・豪・NZ)

4ヶ国株価比較(2016年3月18日)

4ヶ国株価比較(日・米・豪・NZ)

              4ヶ国株価比較

              4ヶ国株価比較

過去半年間程度の株価指数推移を見ますと、

NZ株の1人勝ちで、高値更新
豪州株は1人負けで低位推移
日経平均は大幅調整
S&P500はほとんど横這い

の状況になっています。4カ国とも直近は上向き(株高)になっていますが、特にNZと米国は、前者が利下げ・後者が先行き利上げ回数の半減により株価を大きくあげています。

米国は今週発表の2つの地区連銀製造業景況指数の大幅改善があり、ドル安により、原油価格上げ及び企業収益の先行き上昇期待などが株高の1要因になっています。
自国通貨安→輸出企業の業績改善→株高の構図の様な感じになっています。

豪ドル対米ドルは0.7590に抵抗線があり、ここを越えると0.7650、0.7740にある抵抗線を試す流れとみてきましたが、FOMC後から豪ドル高が一段と進み、最初の抵抗線0.7650越えまで来ました。現在は更に0.7740まで伺う展開になっています。しかしながら、シカゴポジションの積み上がりもあるので、一本調子の豪ドル高には成り難いかもしれません。

以上の流れを勘案すると、ファンダメンタルズ自体は然程悪くないにも関わらず、豪州中銀が利下げを実施してもおかしくない状況になります。為替相場に大きな影響を与えますので、今後の要注意材料となる可能性があります。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る