FX用語集 あ行

FXに関連するさまざまな用語を解説します

キーワード:

FX用語集 あ行

あ行

相対取引(あいたいとりひき)

取引所のような場所を介さずに、取引の当事者同士が個別に取引を約定することで、多くの場合FXの取引は顧客とFXを提供する金融機関の相対取引であるといえる。

アスク(あすく)

FXではASK(あすく)レートのことをさす。プライスを提示する側にとっての売値のこと。offer(オファー)と同義。FXユーザーはある通貨を買いたいときには、FX会社の提示するアスクレートで約定できる対義語はビットレートでこちらはプライス提示側の買値。そのためアスクレートは常にビットレート以上の値であるのが一般的。


インターバンク(いんたーばんく)

金融機関同士の取引の事を指す。(⇔顧客取引)プロとプロの取引であるため取引金額が大きかったり(U$10mio=12億円単位が普通)、極度に簡略化された符丁で取引が行われたりするが、例えば対円の取引において銭単位以下を刻むことは基本的にしないので、スプレッド自体は個人のFX取引のほうが金額にかかわらず狭かったりする。

イールドカーブ(いーるどかーぶ)

ある一時点の短期から長期の金利を期間ごとに順番に並べて線で結ぶことによりできる曲線のことで、残存期間と金利の関係を見る際に使う。一般的には短期金利よりも長期金利のほうがリスクプレミアム分(長い期間を一定の金利で固定するリスク料分)金利水準は高くなるので残存期間が長くなればなるほど金利が高い右肩上がりのグラフになり、これを順イールドと呼ぶ。しかし、金利の急激な下降局面等では長短金利の水準が逆転することもあり、これを逆イールドと呼ぶ。これらのイールドカーブの形や傾きの急さ加減は市場の経済に対する先行きの見通しを敏感に反映することが多いため、イールドカーブは為替の取引においても重要な参考材料となる。

売り建て(うりたて)
FXにおいてある通貨が下落することを見越してその通貨を売ること。この結果売り持ち(売りポジション)が発生する。

売持ち(うりもち)=売りポジション(うりぽじしょん)

ある通貨を売って相場のリスクにさらされている状態を指す。通常通貨の下落を見越してこれらのポジションを意図的に作る。思惑通りその通貨が下落した場合には同金額を安く買い戻すことでポジションを解消し利益を得るが、思惑がはずれ通貨が上昇してしまった場合には、同じ金額を高い値段で買い戻さなければならないため損失が生じる。


オージー(おーじー)

A$。オーストラリアドルのこと。

往復ビンタ(おうふくびんた)

為替市場において個人投資家や銀行のディーラーが買いまたは売りのポジションで損失を出し、損切りをした後、反対のポジションをとって損失を取り返そうとするがその時点から相場が反転しさらに損失を拡大すること。

オーバーナイト(おーばーないと)

日中で完結しないさまざまな取引に用いられる言葉、宵越しの取引。
オーバーナイト金利といえば翌営業日までの適用金利を指し、オーバーナイトポジションは翌日に持ち越すポジションのことを指す。

オフショア市場(おふしょあしじょう)

国内の金融制度から切り離す形で存在する市場。許可を得た国内の金融機関が海外から調達し、海外で運用する等の目的で使用する。国内市場と分断されている替わりに各種規制が撤廃されているないし緩和されているケースが多い。
FXにおけるオフショアの代表的な事例は人民元。国内の人民元(CNY)とは別に香港を中心にオフショア人民元(CNH)が存在していて、国内の人民元(CNY)は非国際通貨であるために国外での取引や投機目的の取引ができないが、オフショア人民元(CNH)はFXでも取引できる。中国の金融機関と一部外銀の在中国支店・法人は双方の市場にアクセスできるためある程度の裁定は働くが基本両者のレートは一致しない。

2016年初の人民元(CNY)の中心レート引き下げ時にはオフショア人民元(CNH)は投機の動きもあり大幅に下落したが、中国当局が介入、流動性を規制し翌日物金利を最高94%荷まで引き上げたり、一部外銀に外為業務を禁止したりして投機の売りを封じ込めた。このように国によってはオフショアだからといって完全に自由な市場であるとはいえないケースも多くある。


オプション取引(おぷしょんとりひき)

為替においては通貨そのものを売買するのではなくその通貨を一定のタイミングである水準で買う権利または売る権利を事前に売買するもの。FX会社でもオプション取引を顧客に提供している場合がある。オプション料は行使日までの期間が長く、相場の変動率が高く、また行使するレートが買い手に有利であればあるほど高くなる。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がりと弾劾問題 ◎↓
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の財政政策による経常赤字の拡大
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・フランス大統領選中道マクロン氏勝利の安堵感 ○↑ 
    ・ECB金融緩和政策の今後の見通し ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・イタリア銀行の資本不足問題 ○ 
    ・大衆迎合主義、極右政党の台頭 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・意外に堅調なNZ経済 ◎↑ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・中銀のNZ安誘導コメント △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・クーデター未遂と政情不安による海外資金の流出 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・ISによるテロの激化と難民流入の影響 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
    ・ズマ大統領によるゴーダン財務相解任と債務格付けのジャンク化 ◎↓
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る