FXの通貨ペアの選択

FXをはじめるにはどの通貨ペアを取引するのかを決めなければいけません。

キーワード:

FXの通貨ペアの選択

5)FXの通貨ペアの選択

FXをはじめるにはどの通貨ペアを取引するのかを決めなければいけません。
自分の取引スタイルに合った通貨ペアの中からそのときにチャンスのありそうなものを選んで取引します。


@ 短期売買に適したFXの通貨ペア

デイトレードやスキャルピングなど短い時間で売買を繰り返す場合にはU$/JPYやEUR/USDなどメジャーな通貨の組み合わせが適しています。
主要な通貨の組み合わせであれば多少の相場の変動があっても流動性がなくなり取引できなくなる心配はありません、また、レバレッジをかけて比較的大きな金額を取引する場合にも取引が容易です。また、これらの通貨のスプレッドの通貨の絶対値に対する値は一般的に小さく、取引コストがかかりにくいのも魅力です。
短期的な値動きを取りにいく場合には、他の通貨に比べて値動きが激しいとされるGBP(英国ポンド)を絡めた通貨ペアを好んで取引する人もいます。

Aスイングトレードやポジショントレードなどに適したFXの通貨ペア

取引回数の少ないスイングトレードやポジショントレードであれば、基本的にはどのようなペアを選択して取引しても構いません。自分の情報収集と分析とによりトレンドを読みやすい通貨を選択しましょう。特に初心者の方は情報を入手しやすい主要通貨を取引するのがやはり無難かと思います。

Bキャリートレードに適した通貨

キャリートレードは金利差の収益を狙う取引ですので、買う側の通貨は高金利である必要があります。金利は高ければ高いほど金利差は取れますが、10%を超えるような高金利の国は経済に異変が起こっている可能性が高いと考えたほうが無難です。
また、高金利通貨の中には流動性が突然干上がるような通貨もありますので現在で言えば既に高金利通貨といえるかどうかはわかりませんがA$(オーストラリアドル)、N$(ニュージーランドドル)、ZAR(南アフリカランド)、TRY(トルコリラ)あたりまでの通貨が無難な範疇と呼べるのではないかと思います。

いくら金利差が取れてもその国の経済が下降傾向であると時間がたつにつれ通貨自体が下落したり、金利が低下していって思ったようなスワップを受取れなくなってしまったりすることもあります。
ただ、現在高金利であるだけではなく今後も経済のインフレ予想が上向いていて金利も為替も上昇しそうな通貨を選択しなければキャリートレードは成功しません。
そういう意味では現在でこそほとんど金利差はありませんが、経済が先に上向いて金利が上昇し始めているという意味では、U$/JPY、EUR/USD(のユーロ売り)なども将来的にはキャリートレードの対象になっていく可能性があるものと思われます。

Cその他

超高金利通貨の取引、世の中にはある時期10%を越えるような高金利をつける通貨が出現します。最近までのブラジルレアル、少し前のトルコリラやアイスランドクローナ、アジア通貨直前のタイバーツ、そして1992年のポンド危機の時などです。
これらの通貨の中にはFXで取引できるものもあり、キャリートレードを行えば通貨ペア次第では時として年率10%を上回る金利差を得られる場合があります。FXはレバレッジがききますので、金利差10%を10倍のレバレッジで投資すれば大雑把に計算すれば一年で元手の証拠金相当額をスワップで受取れることになります。

しかし、金利は経済の体温です。10%を上回る高熱を発している金利の国は何かの異変が起きていると考えたほうがよく、実際前述の通貨はいずれもその後暴落に近い状況となりました。そしてそのときに莫大な利益を上げるのはジョージソロスのように金利差などには目もくれず金利を払って高金利通貨を売り続けた人たちであるということは是非おぼえておいたほうがよいと思います。





※「FX羅針盤」のを運営する株式会社カカクコムのメインサイト「価格.com」にも羅針盤でオセアニア通貨をご担当されている川合美智子先生の執筆された入門ガイド「FXとは?」が掲載されています。あわせてご参照ください!




関連記事

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2020.10.02

    10月の日柄(20/10/2)

    10月の日柄について天体の運行をベースに考えていきましょう。

    10月の日柄(20/10/2)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2020.09.01

    9月の日柄(20/9/1)

    9月の日柄について天体の運行をベースに考えていきましょう。

    9月の日柄(20/9/1)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:山中 康司

    2020.07.30

    8月の日柄

    8月の日柄について天体の運行をベースに考えていきましょう。

    8月の日柄

  • FXの基礎知識(FXが初めての方に)

    Edited by:編集人K

    2016.01.15

    FXの取引スタイル

     FXを取引する場合人によって投資のスタイル、スタンスは異なります。

    FXの取引スタイル

  • FXの基礎知識(FXが初めての方に)

    Edited by:編集人K

    2016.01.15

    FXの注文方法のいろいろ

    FXはネットを通じて広がった取引だけに従来から為替市場で存在する各種の注文方法が自分で設定でき、リスク回避や利益確定に役立てることができます。

    FXの注文方法のいろいろ

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る