ドル円110円台で方向感無く推移(8/22)

21日の海外市場でドル円は110円台で方向感無く推移。

ドル円110円台で方向感無く推移(8/22)

ドル円110円台で方向感無く推移

21日の海外市場でドル円は110円台で方向感無く推移。
昨日東京時間には一時110円を割り込んだドル円でしたが、その後は材料難の中、米中貿易交渉への進展期待や米株上昇等によりリスク選好がやや戻り、円売り、ドル売りの動きが強まったことで110円台を回復しました。ただ、終盤にかけてはトランプ大統領個人の弁護士マイケル・コーエン氏が連邦裁判所に出廷し、「候補者の指示で選挙資金法に違反した」との答弁を行ったことからドル円は反落、110円台前半で方向感を失い東京時間7:00現在は110.15-20レベルで取引されています。

ドル円は昨日の下落で一時200日移動平均線(109.85)を割り込む形となりましたが、反発。引き続き同ラインと一目均衡表の雲の下限(本日110.63)との狭いレンジ内での取引となっています。
週前半は流動性の低さと材料難からやや荒めの値動きとなりましたが、今晩の8/1分FOMC議事要旨録公開、明日の7/26ECB理事会議事要旨公開、そして金曜のジャクソンホールでのパウエルFRB議長講演と週後半はファンダメンタルズ系のイベントが相次ぐことから、これらを吟味しつつ徐々に市場は平常を取り戻す動きとなりそうです。

ドル円110円台で方向感無く推移

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る