MTGOX 管財人が保有ビットコインを一部売却(18/3/7)

本日午後東京地裁において第10回の株式会社MTGOX(マウントゴックス)債権者集会が開催されました。

キーワード:

MTGOX 管財人が保有ビットコインを一部売却(18/3/7)

民事再生手続き移行の申し立てに対する裁判所の判断は示されず

本日午後東京地裁において第10回の株式会社MTGOX(マウントゴックス)債権者集会が開催されました。

前回9月の債権者集会の後、一部の債権者から破産手続きを中止し民事再生手続き開始の申し立てがなさました。(これは、今回の破産手続きにおけるビットコインの債権が、破産手続き開始時の1ビットコイン約5万円程度で固定されていて、その後見つかった残存ビットコインの価格上昇分のほとんどがこのままでは債権者ではなく、株主の元社長に渡ることになるためです。民事再生手続きへの移行により、ビットコインを保有していた債権者は破綻時の保有ビットコインの現在価値に応じた配当を受けられる道が開ける事になります。)

申し立てを受けて昨年中に裁判所により、申し立て事由棄却の有無を調査するための調査委員が選任され、委員からは2月末に条件付きながら「棄却事由がない」(すなわち民事再生手続き移行が可能)との調査結果が出ています。そういう事情から今回はいつになく注目度が高く、参加者も多い債権者集会となりました。

今回、民事再生手続き再開の可否について、裁判所側からの説明はありませんでしたが、管財人もこのまま破産手続きを進めた場合に生ずる問題意識を理解していて特段民事再生手続き移行に反対しているわけではないとの立場を表明、参加した債権者からは民事再生手続き移行を希望する意見も表明されており、今後の裁判所の判断が待たれるところです。

管財人は12-2月の期間に約2割の保有ビットコインを平均価格約106.7万円で売却

また、冒頭配布された資料には、前回債権者集会後、破産管財人が同社に残されたビットコインの約17.7%に相当する35,841.00701BTCと34,008.00701BCC(ビットコインキャッシュ)を売却し429億8,804万4,343円の現金に交換していたことが記載されていて、参加者を驚かせました。

管財人によれば、裁判所とも相談の上、配当金確保のため保有する仮想通貨の一部を昨年12月から今年2月にかけての期間に取引所を通じ売却したとのことです。
詳細な時期および手法は明らかにされませんでしたが、12月から2月といえばビットコインが史上最高値の231万円台をつけてから、64万円台まで暴落した時期を含んでおり、ビットコイン約106.7万円、ビットコインキャッシュ約14.0万円の平均売却価格になぜこのタイミングで売るのか、数的にも売りすぎではないかとのため息とも悲鳴ともつかない債権者の意見も出ていました。

ビットコイン売却は民事再生手続き移行への準備か?

ただ、管財人側にしてみれば、価格の乱高下する仮想通貨を簿外の破産資産として保有している以上、最低限確定している金銭債務額相当の現金を確保するのはある意味自然な行動とも考えられ、そのため、売却代金をあわせた現時点での残金約441億円が現時点で認められている破産債権届出額約456億円に近い金額になっているものと思われます。(但し届出額はビットコイン@5万円の債権額を含むもの)

また、上記の調査委員の意見には全債権者(特に金銭債権を有する債権者)が当該破産手続きにおいて既に得ていると見込まれる利益を確保する措置が民事再生手続き移行への前提との条件がついています。
これはビットコインを保有しない債権者あるいは、ビットコインでの配当を望まない債権者が民事再生手続きに移行することにより不利にならないよう、何らかの事前の対応を求めている内容と思われます。

その意味で法律的な可否はわかりませんが、条件クリアのためには、例えばこれら債権者への弁済を優先的に実施する、あるいは最低限金銭債権分の引き当て原資を確保する等が必要になることも想定され、今回の仮想通貨売却による現金の確保は、売却数の多寡の問題はありますが民事再生手続き移行の前提として必要な手続きであったとも考えられます。

次回債権者集会は半年後の9月ですが、それ以前には裁判所も何らかの判断を示すのではないかと思われ、今後の成り行きが注目されます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米中貿易戦争◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ユーロ圏の経済指標2018年に入り軒並み悪化○↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・予想外の政権交代と保護主義化◎↓ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・米国との相互ビザ発行停止等関係悪化 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安による海外資金の流出 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・ズマ大統領辞任による期待感◎
    ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る