ドル建て金価格(20/4/17)

14日にドル建て金(スポット)は1747.1ドルの高値をつけましたが、これは2012年以来の高値となります。

キーワード:

ドル建て金価格(20/4/17)

ドル建て金価格

週半ば以降はやや下げたものの、14日にドル建て金(スポット)は1747.1ドルの高値をつけましたが、これは2012年以来の高値となります。まずは日足チャートをご覧ください。

ドル建て金価格

ドル建て金スポット日足

3月は他市場同様に金価格も大荒れで1700ドル台に乗せた後に1400ドル台半ばまで下げ、そして今週に入り改めて1700ドル台に乗せてきている動きです。テクニカルには3月安値を起点にピンクで示した上昇N波動を継続している可能性が高く、フィボナッチ・エクスパンションでは100%エクスパンション(均衡表のN値と同じ)が1762.2ドルとなっています。

まだ、このターゲットを達成したというには距離がありますので、引き続きこの1762ドルをターゲットとした上げには注意が必要でしょう。

そして、もうひとつ気になるのが、ドル建て金に大きな買いが見られ上昇に転じた時に時間差をもって株安といったリスクオフの動きに繋がることが多い点です。現在の株式市場は既にコロナ後を見ての楽観相場になっていると思いますが、今後続々と出てくる1〜3月期の企業業績を見ても楽観的でいられるのかという点には個人的に疑問を感じざるを得ません。

金がこのまま反落した場合には、そうした心配もいらないかもしれませんが、金価格がテクニカルなターゲットを目指す動きとなった場合、もっとも注意が必要なのは株式市場となりそうです。

関連記事

  • トルコリラ(TRY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.11.29

    トルコリラ円レポート月曜版(21/11/29)

    先週のトルコリラ円は、安値が8.44レベル、高値が10.37レベルとなり、予想レンジよりも更にトルコリラ安の流れが続きました。

    トルコリラ円レポート月曜版(21/11/29)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.11.29

    ランド円ショートコメント(21/11/29)

    先週のランド円は安値が6.89レベル、高値が7.27レベルと、予想以上のランド安の動きとなりました。

    ランド円ショートコメント(21/11/29)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:斎藤登美夫

    2021.11.29

    「オミクロン株」に一喜一憂する展開継続か(11/29夕)

    週明け29日の東京市場はドルが弱含み。一時的に買い進まれる局面も観測されたが長くは続かず、その後は売りに押されている。

    「オミクロン株」に一喜一憂する展開継続か(11/29夕)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2020.04.21

    NY原油がマイナスに(20/4/21)

    マイナス価格、しかも最安値はマイナス40.32ドル、終値もマイナス37.63ドルとなりました。

    NY原油がマイナスに(20/4/21)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2020.04.10

    OPECプラス減産合意(2020/4/10)

    6日から延期されていたOPECプラスの会合が昨夜行われ、23%の減産=日量1000万バレルで合意しました

    OPECプラス減産合意(2020/4/10)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る