豪州政策金利決定会合要旨(2016年6月7日開催分)

今回の会合で、委員会はキャッシュレートを1.75%のまま据え置きを決定した。

豪州政策金利決定会合要旨(2016年6月7日開催分)

豪州政策金利決定会合要旨

世界経済・商品価格やや回復

今回の会合で、委員会はキャッシュレートを1.75%のまま据え置きを決定した。

世界経済は平均以下のペースだが、成長を続けている。幾つかの先進国経済は過去と比較して改善してきている。しかし、幾つかの新興国経済では状況が困難になっている。中国経済の成長は年前半よりもさらに緩やかとなっている。
商品価格は最近までの水準よりは上がってきている。しかし、過去数年間と比較するとまだ下落傾向にある。資本市場は、過去数か月と比べて、状況は落ち着いてきている。年初の高いボラティリティは下がっている。優遇度大きい借り手のコストは一層下がっており、金融も緩和気味に推移している。

豪経済改善傾向なるも企業投資弱く低インフレ、通貨高は状況を複雑に

オーストラリアにおいて、最近の経済データをみると、引き続き拡大している。但し、企業投資は大きく下がっている。輸出含めて、その他の内需は、これまでと同じかそれ以上のペースで成長している。労働市場は強弱入り混じっているが、引き続き改善傾向を示している。
一方で、インフレは極端に低いまま留まっている。労働コストの上昇も低く、この低コスト圧力は世界的に蔓延しているものである。

現在の低金利政策は内需を支えており、それによる低い為替レートが貿易セクターを手助けしている。過去数年で、企業への信用度は改善し、家計も幾分上昇した。通貨高になればこれらを複雑にするが、これまでのところ、色々な要素が必要とされる経済成長に寄与している。
住宅購入の借入にも寄与し、住宅関連指標は強くなっている。そして価格も再び上がり始めている。

これらの利用可能なデータと、5月実施の金融緩和を鑑みて、委員会メンバーは金融政策を据え置きにすることを判断した。経済は持続的に上がっていき、インフレは目標値に向かっていくと判断している。
(要旨以上)

コメント

オーストラリア経済は順調に改善傾向を辿っていると見方で、中銀は金利据え置きを決定しました。相変わらず、成長下支えの1つに豪ドル安が貢献していることを述べていますが、これまでのトーンと比べて、若干ニュアンスが下がってきています。先週の経済指標改善が幾分、メンバーを前向きにさせたのかもしれません。

金融政策発表後は豪ドルのショートカバーで、対米ドル、対円共に豪ドル高になっています。豪ドル/米ドルは、発表前0.7360〜70付近で推移していましたが、昨日段階で0.74絡みまであるとした上値余地をあっさりとクリアしました。現在は次の抵抗線である0.7510に向かう動きを強めていますが、この抵抗線は非常に強くなっています。この手前の0.7460〜70にも抵抗線が控えています。仮に0.7510をクリアするとこれまでの豪ドル安トレンドが中立になります。逆に0.7390以下で引けると、0.7290〜0.73までの下押しになります。(6月7日14時20分、1豪ドル=0.7424米ドル)

尚次回金融政策会合は7月5日(火曜日)に予定されています。

            豪州政策金利の推移

            豪州政策金利の推移

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る