トルコリラ円レポート月曜版(2020年2月17日)

安値が18.07レベル、高値が18.35レベルと、ほぼ予想のレンジ内での動きに収まる一週間となりました。

トルコリラ円レポート月曜版(2020年2月17日)

トルコリラ円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、過去2週間の動きの中でのもみあい継続と見て「18.10レベルをサポートに18.40レベルをレジスタンスとする週」を見ていました。実際のレンジは、安値が18.07レベル、高値が18.35レベルと、ほぼ予想のレンジ内での動きに収まる一週間となりました。

先週のトルコリラは、前週金曜に対ドルで当局がトルコリラ安を阻止していた5.98台後半を突破したことが、その後のトルコリラ安へとつながったのですが、先週もドルトルコリラはトルコリラ安の動きを継続し、金曜には6.0678のドル高値をつけました。トルコリラ安の背景には、対外的にはシリアとの緊張の高まり。国内的には今週のトルコ中銀金融政策決定会合における利下げ思惑があります。

どちらも常にトルコリラにとっては悪材料として捉えられている材料ですが、シリア北西部ではトルコとシリアが交戦する状態になっていて、15日のエルドアン・トランプ両大統領による電話会談でも、シリア情勢がテーマとなったようですが、今後の状況次第では米国の支持を得てシリアを攻撃する動きに発展する可能性があり、トルコリラの大きな悪材料となっています。

もうひとつは19日のトルコ中銀による金融政策決定会合です。トルコ中銀は連続した利下げにより、先月はついに政策金利がインフレ率を下回る水準となる11.25%となりました。そして、今週の会合でも0.5%の利下げを行うというのがコンセンサスとなっています。既に十分な利下げを行ってきたところに更なる利下げとなると、再びインフレ懸念が出てきますし、前回利下げからは利下げを金利差縮小も重なってトルコリラ売り材料となっています。

サプライズで現状維持となればトルコリラ買いに動く可能性もありますが、コンセンサス以上の利下げ幅となった場合には年初来安値18.00を下抜ける動きになってくるでしょう。仮にコンセンサス通りの利下げ幅だとしても、金融政策以外でのシリア問題等に目が行き、いずれにしてもトルコリラ安要因とされやすいと見ています。

テクニカルな観点からいつもの4時間足チャート(上からトルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円)をご覧ください。

トルコリラ円レポート月曜版

ここ3週間ほど横方向へのもみあいが続いていて、上値は18.38レベル、下値は18.07レベルのほぼ30銭レンジに収まっています。しかし、材料的には上抜けは考え難く、レンジを下抜けしてきた場合には年初来安値の18.00を試しに行き、さらなる安値を見に行く可能性が出てきます。

念のため、その下のターゲットを見ておきましょう。こちらは日足です。

トルコリラ円レポート月曜版 2枚目の画像

昨年8月安値とその後の高値の61.8%押しが17.99となっていて、年初来高値と一致しています。次のターゲットとなると78.6%(61.8%の平方根)押しとなる17.67です。下抜けた際には急速に走る可能性があり、一気に同水準まで下げる可能性は考えておくべきです。

今週は上値が重く年初来安値を更新する可能性が高いと見て、17.80レベルをサポートに18.30レベルをレジスタンスとする週を見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大 長期金利の急速な低下
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大とイタリアでの蔓延 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • トルコとロシア トルコとEUの関係悪化 コロナウイルスの世界的感染拡大
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退 原油価格暴落による資源国通貨売り ↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る