A$シカゴポジション(2020年2月4日現在)

豪ドルには弱材料になっていますが、ポジション的には豪ドル売りの突っ込みは避けた方がベターの様です。

A$シカゴポジション(2020年2月4日現在)

シカゴポジション(CME)216

シカゴ先物市場における、いわば投機筋と呼ばれる市場参加者の建て玉で、ロングとショートの差し引きで現在どの様なポジションに傾いているのかを判断するものです。

シカゴポジション(CME)216

主要通貨ポジション(単位:枚)(2020年2月4日現在の数値)
ロング/ショートは左側通貨から見たもの。
ネットポジションで▼数値は左側通貨がショート、+数値は左側通貨がロングを表しています。
通貨単位(1枚当たり):豪ドル/米ドル=100,000豪ドル、NZドル/米ドル=100,000NZドル

シカゴの豪ドルポジションは前週に続きショートを積み増しました。ネットショートを15,800枚増加し、2週間で24,000枚もの積み上げとなっています。ポジションの内訳はロング3,700枚増、ショート19,500枚増となり、総枚数でも2週間で36,000増となっています。総枚数残高では過去は15万枚になるとポジション保有の期間が短く、また14万台でも比較的保有時間が短くなっています。従い、明日の締日の数値が注目されます。まだコロナウィルスの収束が見込めない現状、豪ドルには弱材料になっていますが、ポジション的には豪ドル売りの突っ込みは避けた方がベターの様です。

チャートを見ると、先週、「…結局(黒の)サポートを割れてしまい、現在は紫色の横ライン0.6700米ドルのサポートに向けて相場が動いています。もしこのラインを切ると、赤の豪ドル安トレンドライン下限に向けての動きになります。」としましたが、先週のシカゴ締日ではまだ紫色のラインまで余裕ありましたが、現在のスポットは丁度その0.67米ドルを挟んで動いています。明日がシカゴの締日ですが、現状では守り切れない感じです。割れば赤の豪ドル安トレンドライン下限が0.6570〜80米ドル付近にあります。

実際の豪ドル米ドルは、あっという間に昨年10月初旬底値の0.6670米ドルまでトライしました。ここは昨年8月底値の0.6677米ドルを含めると3回目トライになり、通常は下抜けしやすく、逆にもし抜けないと暫くは大きな底値になる重要ポイントにいます。現状では豪ドルが非常に弱いので、下抜けリスクが高いと思います。もし割った場合は日足の0.6520、週足の0.6420米ドルが次の底値のトライ目途になります。一方で、0.6670米ドルを維持できれば豪ドルの買い戻しが出易くなりますが、最低でも0.6780米ドルの抵抗線を越え、更に下割れリスクが減るのは0.6850米ドル越えとなります。まだ豪ドル戻り売りの状況は変わらずとなっています。(1豪ドル=0.6698ドル、2月10日14:15)

シカゴポジション(CME)216 2枚目の画像

シカゴ豪ドルポジションと締日終値のチャート

(ご参考)直近から過去60回分を掲載したチャートにしたものです。棒グラフ(青)はネットポジション(左目盛)、折れ線(オレンジ)は締日のNY終値(右目盛)になっています。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大 長期金利の急速な低下
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大とイタリアでの蔓延 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • トルコとロシア トルコとEUの関係悪化 コロナウイルスの世界的感染拡大
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退 原油価格暴落による資源国通貨売り ↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る