ユーロ週報「欧州と英国の悪材料が上値を抑える」(2月第2週)

ユーロ円は水曜欧州市場を高値とした一週間で行って来いの値動きでした。

ユーロ週報「欧州と英国の悪材料が上値を抑える」(2月第2週)

今週の週間見通しと予想レンジ

先週のユーロは、週初から一貫して下げ続ける展開となりましたが、週前半はドル円と同じくドル高によるユーロ安が中心となり、ユーロ円でもリスクオフ巻き返しの動きが見られたことから下げ自体は緩やかなものとなりました。そこに週後半は英国のEU離脱後の協議難航懸念によるポンド売りがリードするユーロ売りとなりました。結局週を通して150pip弱のユーロ安となり、ユーロ円は水曜欧州市場を高値とした一週間で行って来いの値動きでした。

先週の経済指標ですが、7日金曜に発表されたドイツの12月鉱工業生産は、前月比−0.2%の予想に対して−3.5%と前月11月の+1.2%(上方修正)から大幅に低下し、2009年1月以来の悪い数字となりました。外需の影響が大きいドイツの製造業の低迷は、今後予想される中国発の景気減速懸念や英国のEU離脱後のことも含め、欧州全体の景気減速懸念へとつながるリスクを感じさせる内容でした。

今週は経済指標的には狭間の週という感じで、あまり目立った材料は見当たりませんが、英国とドイツの1〜3月期GDPが発表されますので、弱い数字が出た場合には先週のユーロ安の流れをより強める可能性があります。

また、週末にアイルランドで総選挙がありましたが、得票率では野党第2党の左派シンフェイン党が24.5%でリード、野党第1党の中道右派共和党が22.2%、与党の同じく中道右派統一アイルランド党が20.9%となっています。シンフェイン党は候補者が少ないことから議席数では第2党となるものの、この結果を受け政権参加を要求しています。

しかし、共和党も統一アイルランド党も、左派で元IRAの政治団体であるシンフェイン党と連立は組まないと言っていることから、政権交代はありそうなものの連立協議が難航しそうなことは確実ですし、アイルランドの政治的混乱はEUにとっても英国にとっても新たな頭痛の種となってくる可能性があり、ポンドとユーロの上値を抑える要因となってくるのではないかと見ています。

ちなみに、今回得票率で首位となっているシンフェイン党はアイルランドと北アイルランドの南北統一を掲げていることから、連立要件に統一の国民投票実施を求めていることもあり、おそらくはこれまではライバルであった統一アイルランド党と共和党の大連立という流れに最終的には進む可能性が高そうです。

今週も材料的にはユーロ安方向へ動きやすいものが多いのですが、テクニカルにはどうか日足チャートを見てみましょう。

今週の週間見通しと予想レンジ

12月末の高値から引いたレジスタンスラインは良いのですが、それと平行に引いていたラインは既に下抜けしていますので、暫定的に先週安値に合わせて引き直してみました。先週後半の下げで、1月安値も11月安値も下回ってきたことで、ターゲットとしては10月安値の1.0879を視野に入れる動きになってきていると言えそうです。

ただ、先週の下げ幅が最近にしては大きいことを考えると、その下げに対する調整として38.2%戻しとなる1.1001、ほぼ大台の1.10が戻しのターゲットともなりレジスタンスともなる水準と言えるでしょう。下値は引き続き広めに見て上述の10月安値水準を考えておいた方がよさそうですから、今週は1.0880レベルをサポートに1.1000レベルをレジスタンスとするレンジを見ておきます。

今週のコラム

今週のコラム

今週はポンドドルの日足チャートをご覧ください。

ポンドドルは、1月こそ狭いレンジで横ばいでしたが、2月に入り下げが目立ち始め、1月安値と昨年9月安値からのサポートライン(ピンク)をほぼ同時に下抜け、テクニカルにも一段の下げを考える段階にあると言えます。

近いところでは11月安値の1.2769レベル(青の水平線)を視野に入れる流れと考えられますが、この水準も下回る動きになってくると大きめの下げを見る可能性が高まります。ポンドもユーロも好材料が見当たらない中で、お互いに足を引っ張りあって下げるような展開を今週も見ることとなりそうです。

今週の予定

今週注目される経済指標と予定はドル円週報に示してあるものと共通です。ドル円週報の「今週の予定」をご参照下さい。なお、その中でユーロの値動きに特に影響が出ると考えられる予定は以下のものです。重要な予定として注意しておきましょう。

2月10日(月)
 (特になし)

2月11日(火)
18:30 英国10〜12月期GDP速報値
18:30 英国12月鉱工業生産
24:00 パウエルFRB議長議会証言(下院)

2月12日(水)
19:00 ユーロ圏12月鉱工業生産
24:00 パウエルFRB議長議会証言(上院)

2月13日(木)
16:00 ドイツ1月CPI
17:30 スペイン中銀総裁会見

2月14日(金)
16:00 ドイツ10〜12月期GDP速報値
19:00 ユーロ圏10〜12月期GDP改定値
19:00 ユーロ圏12月貿易収支

前週のユーロレンジ

前週のユーロレンジ

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時-NY午後5時のインターバンクレート。

先週の概況

2月3日(月)
ユーロドルは東京市場では動かず、欧州市場以降はポンドとともに水準を切り下げることとなりました。これは週末にジョンソン英首相がEUとの協議で強硬な姿勢を示していたことから、移行期間中に協議がまとまる可能性が一段と難しそうだとの懸念によるものでした。NY市場では1.1035レベルの安値を付けた後はやや買い戻しも出ての引けとなりました。


2月4日(火)
ユーロドルは、対ドルではドル円同様にドル買いユーロ売りとなったものの、前日の中国市場再開後の楽観的な見方がユーロ円でも円安に動いたことから、ユーロドルとしては緩やかな下落にとどまりました。ユーロ円はNY市場で高値120.98とリスクオフの巻き返しによる買いが目立っていました。


2月5日(水)
ユーロドルは東京市場では若干の動きはあったものの鈍い展開。欧州市場に入りドル円とともにドル買いの動きが目立ったことでユーロドルはじり安の流れ、NY市場では1.0994レベルまで水準を下げて安値圏での引けとなりました。トランプ大統領弾劾裁判は無罪となりましたが、反応は見られませんでした。

2月6日(木)
ユーロドルはNY市場までは小動きとなっていましたが、EUと英国との交渉難航を懸念したポンド売りがユーロ売りとなり、ユーロドルは一時1.0964レベルの安値をつけました。交渉懸念は貿易面だけでなく金融面においても英国拠点の金融機関の打撃となるとの話も出てきて、今後の他分野での交渉において欧州通貨の上値を抑える要因となるとの思惑が広がりました。


2月7日(金)
ユーロドルは東京市場では動きが見られなかったものの、欧州市場に入り弱いドイツの経済指標をきっかけにユーロ売りが先行しました。NY市場ではドル売りの動きで一時的にユーロ買いも見られましたが、ペンス副大統領が英国のファーウェイ容認に苦言を呈したことからポンド売りがユーロ売りとなり、安値引けの週末となりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大 長期金利の急速な低下
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大とイタリアでの蔓延 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • トルコとロシア トルコとEUの関係悪化 コロナウイルスの世界的感染拡大
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退 原油価格暴落による資源国通貨売り ↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る