ユーロ週報 ユーロ安とドル安との綱引きも上値は重い(10月第1週)

方向感が出にくそうな、悩ましい一週間となりそうです。こういう時はテクニカルな観点しか参考にしにくいですから、早速チャートを見てみましょう。

ユーロ週報  ユーロ安とドル安との綱引きも上値は重い(10月第1週)

今週の週間見通しと予想レンジ

先週のユーロドルは、継続して弱い欧州の経済指標がユーロの上値を抑えるいっぽうで、火曜以降は米国からの経済指標も弱い数字が続き、ドル売りの動きがユーロを下支えすることとなりました。一週間を振り返ると火曜東京市場で1.0879レベルの安値で反転、その後は週末まで安値を切り上げる展開が続きましたが、高値も木曜の1.1000ワンタッチと値幅は伴っていません。

やはり、水面下で交渉が続いているブレグジットの代替案に対してEUがどのような判断を下すのかが見えてこないと、ポンド同様にユーロの取引も控えめにならざるを得ないという印象です。先週も英国内では議会は合意無き離脱は認めず離脱延期、いっぽうでジョンソン首相は合意無き離脱も辞さないという姿勢を変えていませんが、これもEUが認めなければ延期できませんので、材料的には不安要素のほうが大きいことになります。

今週はEU財務相会議、そして来週はEUサミットと、EU側から英国の代替案を認める流れになってくるのか、あるいは先週までと変わらず賛否分かれてEUサミット当日まで決まらないのか、いずれにしても来週のEUサミット(17・18日)では、10月末に何が起きるのかの方向性は見えるはずです。逆にそれまでは、ますます動きにくいということになるでしょう。

他にはドル全体が弱い流れの中で次官級と閣僚級の米中通商協議が週を通してワシントンで開催されます。週末に中国が早期合意のため協議範囲を狭めるといったニュースが出たり、トランプ大統領が部分合意は無いと言ったり、リスクオフの懸念から週初はドル円とともにユーロ円の売りも見られました。

タイミング的にはトランプ大統領のドル高牽制発言以降にユーロ買い・ドル売りへと方向転換していますので、ユーロの材料で動きにくいとなるとドル材料、そしてリスクオフの円材料が気になるところでしょうか。またECB理事会の議事要旨公表もありますが、包括的な緩和策を一気に打ち出した理事会の議事録ということで、反対意見がどうだったのかを見たいという程度でしょう。方向感が出にくそうな、悩ましい一週間となりそうです。

こういう時はテクニカルな観点しか参考にしにくいですから、早速チャートを見てみましょう。

今週の週間見通しと予想レンジ

ユーロドル日足

6月高値と8月高値を結んだレジスタンスライン(ピンクの太線)がよく効いていることには変わりませんが、同ラインは週初の段階で1.1015レベルにまで下がってきています。仮に多少抜けたとしても上ヒゲで抜ける程度で1.10台前半を大きく超えるような流れは、よほど強力なドル売りでも出ない限り考え難い展開です。

いっぽうで下値はピンクの細線で考えるよりも短期的には9月初めの安値と10月初めの安値を結んだライン(青の太線)がよさそうです。9月初めから下降ウェッジの中での推移を続けているイメージですね。この下側のラインは1.08台後半を緩やかに下降中で、これまでも何度も年初来安値を更新する動きを繰り返してきたことを考えると、10月もどこか年初来安値を更新する展開が続くと考えた方が自然です。

ただ、今週のところは先週安値を下抜けるほどの勢いが出てくるとは思えず、1.0880レベルをサポートに、1.1015レベルをレジスタンスとする流れを見ておきたいと思います。

今週のコラム

今週はユーロ円の日足チャートを見ます。

本文中にも書きましたが、ドル売りが米国経済指標の弱さとリスクオフによる円買いの2つの側面があり、後者の場合はユーロ円の売りに繋がりますので、現在のユーロ円についてテクニカルにどのような状況にあるのか確認しておきましょう。

今週のコラム

ユーロ円日足

レジスタンス(ピンクの太線)は7月高値と9月高値を結んだライン、下側のラインはなるべく近い水準に来るよう、あえて1月初めのフラッシュクラッシュ時の安値と9月安値を結んだライン(ピンクの太線)としてみました。おそらく中期的にはこの大きな下降ウェッジの中での動きと考えてよさそうです。

また、短期的には9月最終週からの狭い下降チャンネル(青の平行線)の中での下げを確認できますが、9月安値と9月高値の78.6%(61.8%の平方根)押しとなる116.75が今週はチャンネル下限と重なってきますので、116円台後半を視野に入れて緩やかな下げの流れを継続しやすいチャートと言えるでしょう。

今週の予定

今週注目される経済指標と予定はドル円週報に示してあるものと共通です。ドル円週報の「今週の予定」をご参照下さい。なお、その中でユーロの値動きに特に影響が出ると考えられる予定は以下のものです。重要な予定として注意しておきましょう。

10月7日(月)
15:00 ドイツ8月製造業新規受注
**:** 次官級米中通商協議(〜8日)

10月8日(火)
13:00 英中銀総裁講演
15:00 ドイツ8月鉱工業生産
15:45 フランス8月貿易収支
18:30 フィンランド中銀総裁講演、スペイン中銀総裁講演
26:50 パウエルFRB議長講演

10月9日(水)
23:30 パウエルFRB議長講演
27:00 FOMC議事要旨公表
**:** ユーロ圏財務相会議

10月10日(木)
15:00 ドイツ8月貿易収支
15:45 フランス8月貿易収支
17:30 英国8月貿易収支
20:30 ECB理事会議事要旨公表
**:** EU財務相会議
**:** 閣僚級米中通商協議(〜11日)

10月11日(金)
15:00 ドイツ9月CPI
17:00 ポルトガル中銀総裁講演

前週のユーロレンジ

前週のユーロレンジ

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。
為替の高値・安値は東京午前9時?NY午後5時のインターバンクレート。

先週の概況

9月30日(月)
ユーロドルは、東京市場では動きは見られませんでしたが、欧州市場に入り弱めのドイツの経済指標をきっかけにユーロ売り、金曜安値を下回ると一時1.0885レベルと連日の年初来安値更新となりました。NYの引けにかけては若干戻しての引けとなりました。

10月1日(火)
ユーロドルは、ユーロ安の流れにGPIF報道から思惑のドル買いが加わって東京後場には1.0879レベルまで安値を切り下げました。しかし、積極的に売り仕掛けをする向きも無く、安値圏でもみあいのままNY市場入り。NY市場ではドル円同様に弱い米国経済指標とトランプ大統領発言に反応し、1.0943レベルまで買い戻され高値圏での引けとなりました。

10月2日(水)
ユーロドルは、欧州市場に入りブレグジットに向けての英国の修正案と、それ対するEU側の意見などが出てきたものの、いまだ不透明感しか感じられずポンド売りをきっかけとしたユーロ売りとなりました。その後のNY市場ではダウの下げによるドル売りの動きからユーロドルも急速に買い戻され1.0964レベルへと反発し高値引けとなりました。

10月3日(木)
ユーロドルは、欧州市場序盤に発表されたサービス業PMI改定値が弱く下押しする場面も見られましたが、すぐに買い戻され売られる前の水準で神経質にもみあいながらのNY市場入り。NY市場では弱い米国経済指標に反応しドル円同様にダウの動きに沿って一時1.0999レベルまで上昇後に、NY朝方の水準に押して引けました。

10月4日(金)
ユーロドルは、1.09台後半を中心としたもみあいが続き方向感がはっきりしないままNY市場入り。雇用統計直後は弱いNFPと平均時給に反応しドル売りユーロ買い、1.0998レベルまで上昇したものの前日高値は超えられず反落。その後のドル買い戻し局面ではユーロドルは1.0957レベルの安値をつけ、その後は一日のもみあいの中ほどでの週末クローズとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る