ランド円レポート月曜版(2019年9月2日)

アルゼンチン国債が暴落するなど、新興国の国債に対する見方は着実に厳しさを増していると言えるでしょう。

ランド円レポート月曜版(2019年9月2日)

ランド円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、多少下方向に余裕を見て「大台7.00をレジスタンスに、6.60レベルをサポートとする流れ」を見ていました。実際のレンジは、安値が6.76レベル、高値が7.01レベルと相変わらずの狭いレンジでしたが、思った以上に底堅い展開となりました。

先週のランド円は、前週引け後のトランプ大統領による対中報復関税発表を受けて、週明けの新興国通貨市場が懸念されましたが、トルコリラ円がフラッシュクラッシュの再来となる一方で、ランド円は早朝市場では売りが先行したものの、年初来安値をわずかに下回る程度で、その後は反転することとなりました。

前週末の引け後に発表された対中報復関税発表後に9月中にも米中協議再開の提案が中国側からなされたことを受け、いったん米中貿易摩擦一段の激化はリスクオフのテーマから外れたのですが、これまで協議再開と物別れを繰り返してきた米中両国のことを考えると、これだけでもって楽観的になることは出来ません。しかし、他市場同様にランドでも売りは続かず、週初安の週末高という動きとなりました。

ただ、昨日1日からは第4弾制裁関税の一部が発動されていますので、米中だけでなく世界的な景気減速懸念は、わずかでもこれまで以上に強まることは間違いありません。中国が最大の貿易相手国である南アフリカにとっても米中通商協議再開の行方を見守るしかないと言えるでしょう。

また南ア国内の材料としては先週発表されたPPIは予想よりもかなり弱く、将来的な利下げ材料のひとつになりそうです。また今週は火曜にGDP、木曜に経常収支の発表がありますので、国内要因としてはこの2つが、そして月初ということもあって米国雇用統計以外にも中国の製造業とサービス業のPMI発表など、連日のように影響の出そうな経済指標には事欠きません。ファンダメンタル面では、細かくどちらにも動きうるというところです。

テクニカルには先週も年初来安値をわずかに更新する動きとなり、地合いは決してよくありません。今週はランド円週足チャートの下にドルランドも示したチャートをご覧ください。

ランド円レポート月曜版

ランド円週足/ドルランド

ランド円は既に2016年7月の水準に下げていますが、対ドルではまだ昨年のランド安値(ドル高値)には到達せず、2016年からのレジスタンスライン(下段青のライン)で上値を抑えられています。ここを抜けるような動きになり、明確に昨年のドル高値を抜けてくる時には、対ドル、対円ともに一段のランド安の動きに繋がってきそうですが、おそらくは米中協議がカギを握っているといえるでしょう。


いつもの4時間足チャート(上からランド円、ドルランド、ドル円)もご覧ください。

ランド円レポート月曜版 2枚目の画像

4時間足ランド円/ドルランドドルランドドル/ドル円

緩やかに高値を切り下げてはいますが、ほぼ横方向の動きとなっています。8月以降はほぼ6.80レベルを安値に7.05レベルを高値とする流れです。米中協議の行方がはっきりしてくるまでは、どうもこのもみあいレンジを大きく抜けることは無さそうです。今週も6.80レベルをサポートに、7.05レベルをレジスタンスとする週を見ておくことにします。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る