トルコリラ円レポート月曜版(2019/6/3)

先週はトルコ中銀が月曜に預金準備率を2%引き上げる発表を行いましたが、このこともトルコリラを下支えした要因です。

トルコリラ円レポート月曜版(2019/6/3)

トルコリラ円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、やや下方向に余裕を持たせて「18.20レベルをレジスタンスに、17.60レベルをサポートとする週」を見ていました。実際のレンジは、安値が17.84レベル、高値が18.67レベルとトルコリラ円は週初安値の後はじり高の一週間となりました。

先週のトルコリラ円は、週前半は直近2週間の安値を下抜けなかったことからテクニカルな買い戻しが先行しましたが、その後はトルコリラ売り規制がとりあえずは効いている様子で目立った好材料が無い中でも積極的に売りにくい雰囲気となっていました。さらに先週はトルコ中銀が月曜に預金準備率を2%引き上げる発表を行いましたが、このこともトルコリラを下支えした要因です。

しかし、引き続きロシアからのS400購入問題や、今月のイスタンブール市長再選挙といった不安材料のほうが多いことには気を付けなくてはなりません。そしてトルコにおける一連のトルコリラ売り防止策ですが、広い意味で介入と似たような効果を狙っているのですが、通貨防衛というのは歴史的に成功した試しがありません。

古くはドル安による変動相場制移行、ソロス氏を一躍有名にしたポンド売り浴びせによる英国のERM離脱、新しいところでは2015年のスイス中銀の対ユーロ介入停止、と失敗例はいくらでもあげることができます。やはり、自国経済にそぐわない通貨防衛は無理をしているために歪みが生じ、最終的には想定以上の急落に結びつくというのが、これまでに見てきたパターンです。

いまだにトルコが通貨防衛策を取っているということは、長期的には昨年の史上最安値をどこかで下抜けるような急落が待っている可能性が高いと考えざるを得ません。そして、こうした防衛策を切り抜けるため、投機筋は一気に仕掛けて24時間以内に勝負を決めに行くために暴落相場へと繋がるということだけは頭の片隅に留めておくべきでしょう。

さて、目先の話ですが、今週は本日CPIの発表があり、前年比、前月比とも低くなる予想です。予想通りであればトルコにとっては好材料となりますが、予想に反して高い数字が出てくると上値を抑えやすくなります。また今週はトルコが火曜から木曜まで祝日(砂糖祭)となっていて、本日から前夜祭が始まることを考えると動き自体は鈍くなりがちです。

今週は何も無ければ動きが鈍そうですが、米国発の貿易摩擦の動きには引き続き注意が必要です。先週金曜はトルコリラへの影響は見られなかったものの、これ以上のリスクオフの動きが出てくるとなると、連休の間の休場で流動性が低下するでしょうから、下げるリスクの方がより高いと思われ明日からの主要株価指数動向にも念の為注意したいところです。

それではテクニカルな観点から、いつもの4時間足チャート(上からトルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円)をご覧ください。

トルコリラ円レポート月曜版

ドルの観点で見ると対トルコリラも対円もドル売りとなっていましたが、先週は対円以上に対トルコリラでドルが売られる動きからトルコリラ円が上がったのですが、タイミングで見るとテクニカルな要因も大きかったことがわかります。

トルコリラ円は、先週水曜まで5月初めからのトライアングル(三角もちあい、青のサポートラインとピンクのレジスタンスライン)を形成中でしたが、木曜にこのトライアングルを上抜けたことで買いが先行しやすい地合いに転じました。さらに、前週高値から3週前高値までをことごとく上抜いたことで買いに弾みが付いた動きと捉えることができます。

テクニカルには現状は青のサポートラインと平行に引いたライン(同じく青のライン)とで構成される上昇チャンネル内での動きと考えることができ、上抜けたレジスタンスがサポートとなることから、ピンクのレジスタンスラインと、上昇チャンネルとの上限の間での動きに短期的にはなってきていると見ることとなります。

今週は緩やかな上昇トレンドを継続しやすいのですが休場も長いため、18.10レベルをサポートに、18.80レベルをレジスタンスとする週を見ておきます。また、繰り返しになりますが上昇トレンドはいつまでも続かないという点だけは忘れないようにしてください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る