NZ中銀の金融政策結果(19/5/8開催)

NZのオフィシャルキャッシュレートはエコノミスト予想通りの緩和となりました。

NZ中銀の金融政策結果(19/5/8開催)

NZ中銀の金融政策結果(5月8日開催分)

本日8日に、NZ中銀はオフィシャルキャッシュレート(中銀政策金利:OCR)を従来の1.75%から0.25%下げ、1.50%としました。エコノミスト予想通りの緩和となりました。

以下はNZ中銀金融政策議事要旨です。

オフィシャルキャッシュレート(OCR)は1.5%に下げた。
金融政策委員会はより低いOCRが雇用や金融政策が付託しているインフレに沿った見通しを支えるのに必要であると判断した。世界経済の伸びは2018年央から緩やかになった。そしてNZの商品やサービスに対する需要も緩やかとなった。この世界的に低い成長は中央銀行に金融政策スタンスを緩和するように促した。
しかしながら、世界経済の先行き概観については不透明である。
貿易問題は依然として残っているが、一方で幾つかの指標はまだ貿易相手国の成長が安定的であることを示唆している。

国内経済は2018年下半期から減速した。移民の純増分が低くなり、人口の伸びが緩やかになった。そして幾つかの地域で住宅価格は下がり続け、家計消費を下げている。企業センチメントも低下し、利益幅は厳しくなり、資源競争力の高まりが企業投資を抑制している。

雇用は最大級の水準に近いところまで上がっているが、雇用の伸びは小さくなっており、稼働率の高まりが2019年には和らぐと予想している。

この雇用やインフレ見通しで、低いOCRは我々の目標を達成するに首尾一貫したものであり、よりバランスとれた金利であると思われる。

(会合記録)
委員会は2019年5月の経済見通しの概略に同意した。これはOCRから形成される健全な姿を達成できるものである。

委員会はインフレが中銀目標値の中央値から下回り、雇用は目標とされる最大限の水準にいることを確認した。しかしながら、最近一層弱くなった国内消費や、それによる先々の成長や雇用に逆風が吹いていることを確認した。一段の緩和が必要であり、それが目標へ合致させる。

主要な下方リスクとして、我々の成長見通しが予想以上の世界経済鈍化となった場合に影響を受けることである。特に、NZの主要貿易パートナーの中国と豪州である。

委員会は中銀からの追加刺激策が成長を支え、より明白となった鈍化を減していけると確認した。最近の世界経済の幾つかの指標はここ数ヶ月で改善した。しかしながら、委員会はよりバランスを取るために、より早い回復よりも、これまで継続している景気鈍化に関心が集まった。
(以下、委員会が指摘したリスクを箇条書きにします)

@家計消費、企業投資、政府支出の重要性については認識しているが、先々は不確実性が高い。
A投資環境について上振れ、下振れリスクについて確認した。稼働率の高まりがおこれば予想以上の早さで投資は増加する。逆に、投資センチメントが低く、利益率が悪くなれば、中期的には予想以上に投資が下がる。
B2019年については、雇用の伸びの見通しは当初より下がり、稼働率の高まりも幾分下がっている。
Cインフレについては2月時点の予想よりも下がり、中銀目標値の中間以下になると予想される。それでもインフレ見通しは目標値中央に向かって上昇していくと予想している。
D民間部門の賃金の伸びが下がっていること。
E2月時点の見通しと比較して、今回の利下げは適切であると確認した。これによりインフレの目標値に向けた上昇や雇用の拡大に供するとみている。
(要旨は以上)
(注)NZ中銀金融政策議事要旨は一部を和訳したものであり、詳細は金融政策要旨本文をお読みください。

相場は、金融政策発表前には0.6600〜05米ドルで推移していたNZドルですが、発表直後に0.6527〜28米ドルまで急落しましたが、エコノミスト予想通りでもあり、ショートカバーが入り0.6580〜85米ドルまで戻しています。
短期的な0.6490〜0.6640米ドルのNZドル安トレンドラインは依然有効で、このレンジ内の0.6510〜20米ドルのサポートに止められた形になっています。サポートとしては0.6520、0.6480〜90米ドルにあります。上値は0.6610、0.6640米ドルに抵抗線あります。後者を越えればNZドルの下落リスクは軽減されます。
目先のNZドル安の材料は出尽くしているので、暫くは経済指標を見ながら、先々に追加緩和があるのか、見送られるのかの判断となります。因みにエコノミストはまだ2回程度の緩和予想ですので、経済指標が悪いと再度NZドルの下値リスクが高くなります。
(5月8日14:00、1NZドル=0.6590米ドル)

次回の金融政策は2019年6月26日(水曜日)に予定されています。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る