豪州中銀議事要旨-4月2日開催分-(19/4/16)

今回も全般について細かく記載しており、金融政策中心に箇条書きにて抜粋します。変更点として、将来の金融政策変更について

豪州中銀議事要旨-4月2日開催分-(19/4/16)

豪州中銀議事要旨(2019年4月16日公表:理事会は4月2日開催分)

今回の議事要旨も過去の内容と大差ありません。今回も全般について細かく記載しており、金融政策中心に箇条書きにて抜粋します。変更点として、将来の金融政策変更について上げも下げもあるとの文言を除外し、現行の利率を据え置く(利上げするシナリオは低いとの内容)ことを述べています。

以下は豪州中銀の金融政策の議事要旨の抜粋です。

(議事要旨)
@世界経済の伸びが、ここ最近一層緩やかなペースになったことを確認しそこから議論を開始した。
Aこの主因は製造業部門の鈍化がとりわけ明確になっている。3月には中国で改善を見せたが、世界中のあらゆる範囲で製造業部門の落ち込みが見られる。
B最近の米中貿易交渉は幾分ポジティブな面も出てきたが、米国は日独含めて自動車輸入の規制を強め、大型車への影響が見られる。
C多くの先進国で、内需はポジティブな面が見られる。これは2019年初からの緩和基調が支えている。ほとんどの先進国のインフレは中銀目標の中間値に向かっている。
D消費は労働市場の引き締まりや賃金上げに支えられて拡大している。日本においては2019年10月の消費税上げを控えて消費の前倒しが起きている。
E投資に関してはバラつきがある。米国は平均以上を保持しているが最近は投資が下がっている。ユーロ圏は一層弱くなった。

F豪州成長に関しては、2018年後半には明らかに前半よりも減速した。12月末期のGDPは前年比2.3%で、前期比0.2%の伸びであった。特に消費の伸びが弱く、予想以上の住宅投資減少が要因であった。
G非鉱山関連企業の投資は12月末期には堅調に推移した。これは四半期GDPに大きく貢献した。これは民間のインフラ整備投資計画などによる。また相対的に、非住宅ビル建設も高水準を確保した。今後も一層の成長に寄与できると予想。
H12月末期は干ばつによる農産物の出荷が下落した。農業関連GDPは2018年下半期で6%以上の下落であった。
I公共事業はGDPに強く貢献した。労働市場は2019年初も改善した。
J(世界の金融市場に関しては略します)委員達は世界経済の緩やかな伸びは2018年後半から2019年に入っても続いている。貿易の緊張や欧州の政治状況に不確実性が見られる。同時にここ数ヶ月は世界的な金融緩和が起きた。

K豪州のここ数年間の低金利は経済、失業率下げ、インフレを中間値に持って行くなどを下支えてきた。中央銀行のシナリオは失業率下げとインフレの双方を一層進展させていくことである。その意味で家計の可処分所得の向上は見通し達成の重要要因である。
Lこの目標達成に向けて、委員達は近々金融政策を調整していく強い状況にはないことを確認した。委員達は結果を微調整することは不可能だが、金融政策を安定的に維持することが安定性や信頼の源泉であると信じている。

Mインフレも暫く低いままだろうし、賃金の伸びも低い。小売や政府関連の強い競争力を保つことは生活コストを下げる方に働く。これは価格へ影響する。この状況下で、委員達はキャッシュレートを近々上げるというシナリオは低いということに同意した。
N中銀の目標に向かって、一層期待される進展を行うには、キャッシュレートを維持することが適切であると確認した。先々をみて、委員達は国内GDPと労働市場のデータを見ながら、その進展を精査していくことになる。現行の金融政策は成長を下支えし、インフレ目標を達成するものとなる。
O委員会はキャッシュレートを1.5%のまま据え置くことを決定した。
(以上)
(注)本文はあくまで英文の一部を訳したものですので、和訳はあくまで便宜的なものとしてご利用頂き、適宜、英語の原文をご参照して頂きます様お願いします。

相場は発表前に0.7170米ドル付近で推移していましたが、発表後に30〜35ピップス程度急落し、現在は0.7150米ドル絡みで推移しています。中銀は低金利を暫く維持との内容に豪ドルのロングを手仕舞った形になっています。これは先週央に0.7130米ドルの抵抗線を越えたことで、目先上値トライの目があったことへのロングと思われます。現在はそのライン(0.7130米ドル付近)に絡もうとする動きをしており、サポートとして0.7120〜30、0.7080米ドルにあるので、できれば前者を維持するか、場合によっては後者まで下押す可能性もあります。このサポートを維持することが、その後の豪ドル高に繋がります。短期的には0.7080〜0.7210米ドルの豪ドル高トレンドラインを作る動きに入っています。
(2019年4月16日14時30分、1豪ドル=0.7148米ドル)

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る