今週ユーロはもみあいも下振れには注意(週報2月第1週)

先週のユーロはFOMC後とその翌日の動きを除くと連日狭いレンジの中で、非常に緩やかな上昇傾向を見せた週となりました。

今週ユーロはもみあいも下振れには注意(週報2月第1週)

今週の週間見通しと予想レンジ

先週のユーロはFOMC後とその翌日の動きを除くと連日狭いレンジの中で、非常に緩やかな上昇傾向を見せた週となりました。このあたりは、ブレグジット修正案の採決によりじり安展開を辿ったポンドとは方向が異なる展開となりましたが、ユーロドルは昨年11月の底打ちをしてからは上下しながらも緩やかな上昇トレンドを継続し、それが先週も続いたという印象です。

ユーロ高の動き自体は景気減速懸念と米国企業の業績悪化といったあたりからのドル売りを考えれば自然ではあるものの、ブレグジットの期限を3月29日に控え、ハードブレグジットの可能性が依然として消せないこと、また先週発表されたユーロ圏GDPの内訳でイタリアが2期連続マイナス成長のリセッション入りしているあたりは、今後の欧州そしてユーロに影を落としてくると言えます。

特にブレグジット関連では、日経新聞に日産が英国でのSUV生産計画撤回といった記事が出ていましたし、週末のBBC放送では英国企業の3割がブレグジット後に本社機能の海外移転を計画していると答えたそうです。経営者にとってのブレグジットはリスク以外の何物でもなく、そうした動きが今後出てくることを考えるとポンドの売りにつながるでしょうし、ユーロの売りにも影響するでしょう。

今週は目立った材料はありませんが、7日に英中銀のMPCがありますのでブレグジットへ向けての何らかの懸念を示す可能性があり、ポンドを中心に欧州通貨の下げには注意が必要そうです。今週という時間枠で考えるならば、ユーロは横ばいの可能性がもっとも高そうです。

今週の週間見通しと予想レンジ

日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

前週引き直したサポートラインをベースに平行チャンネルに若干の修正を加えましたが、懸念材料は多いもののテクニカルには中期的に緩やかな上昇トレンドにあり、上下ともに一定の値幅に動くと反転する動きを繰り返しています。

この上昇チャンネルは今週初時点でサポートが1.1300レベル、レジスタンスが1.1590レベル、そして半値ラインが1.1450レベルに位置しています。またユーロドルの1週間のレンジはだいたい150pipsの小幅な値動きに留まっていますが、今週は半値ラインを中心としてもみあいになりやすく、展開によってはやや下方向に振れやすいと考えることができそうです。

そうすると1.1450を中心に1.1375レベルをサポートに1.1525レベルをレジスタンスとする流れを見ておけば良さそうですが、ポンドの動き次第では下方向に50pips程度の振れ(1.13台前半)は考慮しておきたいところです。

今週のコラム

ブレグジットの顛末がどうなるのかいまだ不透明な中で、ポンドは下げたとは言っても限定的な下げに留まっており個人的には違和感があります。さらに違和感があるのがユーロポンドでブレグジット修正案の採決直前まで大幅安を演じました。
次の日足チャートを見ていただくとわかりますが、1月初めの0.9092から1月25日には0.8619まで500pips近い下げを演じたこととなります。

今週のコラム

ユーロのコメントに書いた通りですが、既に英国企業の16%が移転計画、また13%が検討中というあたりを考えると、その多くは欧州への移転を考えるでしょうから長期的な弱いもの比べで行けばユーロポンドは買われやすい組み合わせであると思います。

短期的にも1月の下げが大きかったことから、1月レンジの半値戻しとなる0.8855レベル(赤のターゲット)には、すぐにでも戻してもおかしくはないと考えていますが、どうも年明け以降の市場参加者のポンドに対する強気な動きはしっくりときません。

今週の予定

今週注目される経済指標と予定はドル円週報に示してあるものと共通です。ドル円週報の「今週の予定」をご参照下さい。なお、その中でユーロの値動きに特に影響が出ると考えられる予定は以下のものです。重要な予定として注意しておきましょう。

2月4日(月)
18:30 英国1月建設業PMI
19:00 ユーロ圏12月PPI

2月5日(火)
17:50 フランス1月製造業PMI改定値
17:55 ドイツ1月製造業PMI改定値
18:00 ユーロ圏1月1月製造業PMI改定値
18:30 英国1月製造業PMI
19:00 ユーロ圏12月小売売上高

2月6日(水)
16:00 ドイツ12月製造業新規受注

2月7日(木)
16:00 ドイツ12月鉱工業生産
16:45 フランス12月貿易収支
21:00 英中銀MPC結果公表、四半期インフレ報告

2月8日(金)
16:00 ドイツ12月貿易収支
16:45 フランス12月鉱工業生産

前週のユーロレンジ

前週のユーロレンジ

上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時~NY午後5時のインターバンクレート。

先週の概況

1月28日(月)
ユーロドルは、英国議会でのブレグジット修正案の採決を前に積極的な取引は手控えられていました。東京?欧州市場では1.1410レベルを挟んで細かな上下は見られたものの動意薄、NY市場ではダウの下げによるドル売りの動きからユーロ買いとなり1.1444レベルまで高値を切り上げた後に若干押して引けました。

1月29日(火)
ユーロドルは、東京市場ではユーロ円がリードしてのユーロ買いが先行しましたが、欧州市場ではブレグジット修正案採決を前に買われる前の水準へ押しての結果待ち。修正案の採決結果は、英国としてバックストップ条項の見直し、離脱の期限は延期せず、とあまり良い結果とは言えなかったものの、引けにかけては買い戻しも出て方向感が無いままに一日を終えました。

1月30日(水)
FOMCを前にドル円同様にユーロドルも動意の乏しい展開が続きました。FOMCの声明は12月以降のパウエル議長の発言に近いものとなり、引き締めスタンスが弱まるとともに景気の見通しはやや下方修正、そしてバランスシートについてはこれまでの縮小スタンスを調整する用意と、全体的にハト派な内容となりました。この声明を受け、為替市場はドル売りで反応したことから、ユーロドルも1.1502レベルまでユーロが買われた後に若干調整が入っての引けとなりました。

1月31日(木)
ユーロドルは、東京市場ではドル売りの動きから後場には1.1514レベルの高値をつけました。しかし、欧州市場に入り発表されたユーロ圏GDPでイタリアがリセッションとなったこと、また1.15台では実需売りが出たことから反転下落、その後NY市場ではドル買い戻しの流れも手伝って1.1435レベルまで売られた後にやや戻しての引けとなりました。

2月1日(金)
ユーロドルは欧州市場序盤に目立った材料が無い中で上昇する動きが見られましたが、ユーロ円やユーロポンドといったユーロクロスでの買いがユーロドルの水準を引き上げたことがきっかけとなりました。何らかの月初の実需が出た様子でしたが、その後のNY市場では雇用統計とISMが強い結果となったことからドル買いの動きとなり、ユーロは上昇前の水準へと押しての引けとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る