ランド円レポート月曜版(2018/12/10)

先週のランド円は、いくつかの悪条件が重なりました。まず週初からの米国株安によるリスクオフ、リスクオフでは高金利通貨売り低金利通貨買いとなりやすい

ランド円レポート月曜版(2018/12/10)

ランド円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、一時的な振れはあっても上昇チャンネル内での動きを続け「8.15レベルをサポートに、8.40レベルをレジスタンスとする週」と見ていました。実際のレンジは、安値が7.90レベル、高値が8.36レベルと週前半こそチャンネル内の動きでしたが、その後チャンネルを下抜けし8.0円の大台まで割り込む下降相場となりました。

先週のランド円は、いくつかの悪条件が重なりました。まず週初からの米国株安によるリスクオフ、リスクオフでは高金利通貨売り低金利通貨買いとなりやすいことは以前にも書きましたが、ランド円は売られやすくなる通貨の代表です。そして、ファーウェイのCFO逮捕をきっかけとした米中間の貿易に加えての政治懸念がランドを直撃しました。南アフリカは輸出入ともに貿易面では中国が1位です。米中間の摩擦の影響をまともに受けたと言えるでしょう。

さらに国内の問題では、南アの国営電力会社エスコムが債務の一部肩代わりを政府に要求するというニュースが出ていましたが、債務の一部(24%程度)とはいえ、ただでさえ格付け引き下げの懸念がある南アフリカが巨額な債務の肩代わりをしたら、おそらくジャンクとなることは目に見えています。問題は国営企業なので、国の債務的な面も強く今後の動向が気になるところです。

そして、個人的にもっとも大きいと思うのはテクニカルな要因です。これまで11月13日の安値から3週間に渡って継続した上昇チャンネルを下抜けたことで、テクニカルにはランド円が売りに転じるシグナルとなりました。さらに短期筋の売りが売りを呼ぶ格好で、材料的にも悪材料が揃う中、11月21日以来の8円の大台割れを見ることとなり、結果として12月3日が高値となっています。

今週ですが、引き続き米中間の状況から米国株式市場がリスクオフへと動きやすい中で、南ア国内ではエスコム問題に何か進展が出てくるのかどうかが気になります。また経済指標も今週は製造業生産、CPI/PPI、小売売上高等、連日のように発表されますので、予想よりも弱い数字が出るような場合には注意が必要です。経済指標事態はニュートラルな材料とはいえ、地合いが弱いために売り材料に反応しやすいと言えるでしょう。

またテクニカルにも3週間ほど続いた上昇トレンドに終止符を打ち、現状はどこまで押す可能性があるのかが懸念される状況と言えます。今週は、まず日足チャートをご覧ください。

ランド円レポート月曜版

中期的には9月安値を起点として先週初まで上昇ウェッジ(ピンク)を形成していたことがわかりますが、先週後半にはこのウェッジを構成するサポートラインも下抜け、9月安値7.10と先週高値8.35の38.2%押しとなる7.88(赤のターゲット)近くに押してきていることがわかります。売りが強まった場合には半値押しとなる7.73(同)がターゲットとなってくると言えます。

これらの2つの水平線を加えた4時間足チャート(上からランド円、ドルランド、ドル円)もご覧ください。

ランド円レポート月曜版 2枚目の画像

先週までの上昇チャンネル(ピンクの平行線)が、現状では下降チャンネル(青の平行線)へと転じ、38.2%押しから半値押し(それぞれ青の水平線)を試しやすい流れにあることが見て取れると思います。今週もあまり好材料は考えにくいですし、ブレグジット案の採決も11日から延期される可能性があるものの、世界の金融市場にとってリスクオフ材料とされる可能性が高いものです。

今週は下降トレンドを継続する展開を考え、7.80レベルをサポートに、8.10レベルをレジスタンスとする週を見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る