ランド円レポート月曜版(2018/5/14)

先週の南アランドは上記の通り大幅高となり4月20日以来のランド高となりました。

ランド円レポート月曜版(2018/5/14)

ランド円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、ランド円は戻り売りが出やすい地合いを考え「8.55レベルをサポートに、8.80レベルをレジスタンスとする流れ」を見ていました。実際のレンジは、安値が8.62レベル、高値が8.97レベルと、予想よりも大きくランド高の動きとなりました。

先週の南アランドは上記の通り大幅高となり4月20日以来のランド高となりました。何か南アフリカにとって良い材料が出ているはずと調べてみたもののこれといったニュースも見当たらずやや不思議な感じですが、あえて言うならばテクニカルな要因と言ってよさそうです。先週はドルランドが12.7214までドル高となりましたが、先々週高値の12.7330までは届かず、チャートのパターンとして高値圏での反転パターンと見られるチャートとなりました。

さらにランド円のチャートを見ても同様に2週間の間で底打ちのパターンを形成し、ネックラインにあたる8.75を超えてきたことで、ここしばらく続いていたランド売りの動きに短期的には終止符が打たれたという見方が広がったことによるものと言えそうです。先週の南アランドに影響しそうな材料を探してみたのですが、見当たらず上記の結論に至りました。

さて、今週ですが南アフリカ関連では15日の失業率と16日の小売売上高ですが、失業率は相変わらずの高水準で前回発表された数字は26.7%でした。予想は特に出ていませんので、良くも悪くも前回からよほど離れた数字でなければ影響は出にくいと言えます。あとは、やはり気になるのは米金利でしょうか。

最近の新興国通貨は米金利上昇で、全般的に米ドルへの資金還流(ドル買い・新興国通貨売り)が目立つ傾向がありますが、特にアルゼンチンではペソ急落によってIMFへ支援を要請する事態にまで発展しました。さすがに同じ新興国でも政策金利が40%のアルゼンチンと南アフリカを同レベルと見る必要は無いものの、海外からのファイナンスが大きい南アフリカにとっても6月以降の米国の利上げは国内外の投資家が気にしていることは間違いありません。

一部では米金利上昇がアジア通貨危機の際のような新興国通貨安を招くリスクなど、どちらかというと不安を煽る記事が多いのですが、個人的にはそこまでの状況にはまだまだ遠いと考えています。一言で言ってしまえば当時とは環境が違うということになりますが、アジア諸国の状況は悪くありませんし、アルゼンチンのような例外はあっても年内の米国の利上げ(FOMCの見通しではあと+0.5%)は、織り込んだ上での値動きと考えて良いと思います。また、南アフリカの場合、現実に目が戻り始めている面はあるものの、国債はかろうじてジャンクは免れていますし、ラマポーザ大統領の手腕を見たいと考える市場参加者が多いことも事実です。

今週もランドに関してはもみあい、もしくは底堅い展開となりやすいと言えそうです。今週はまず日足チャートをご覧ください。

              ランド円日足

              ランド円日足

2月に高値をつけた後に5月初めまで下げ続けましたが、この安値は昨年11月安値と今年2月高値のほぼ半値の水準で止められその後反転上昇となっています。また2月高値と4月高値を結んだレジスタンスラインも先週の上げで上抜けてきました。こうしたことから、現在は今月の安値でいったん安値を見て、2月高値と5月安値の61.8%戻しにあたる9.01、ほぼ9円の大台を視野に入れる動きにあり、さらには78.6%戻しにあたる9.13も考えられる段階にあると見られます。

いつもの4時間足チャート(上からランド円、ドルランド、ドル円)もご覧ください。

        ランド円、ドルランド、ドル円四時間足

        ランド円、ドルランド、ドル円四時間足

ここでは上記9.01をピンクの水平線で示していますが、ちょうど4週前の高値と一致していることがわかります。いったんは同水準を試す展開が考えられそうですから、今週は上抜けたネックライン8.75レベルをサポートに、9.01をトライし9.05レベルをレジスタンスとする週を見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米中貿易戦争◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ユーロ圏の経済指標2018年に入り軒並み悪化○↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・予想外の政権交代と保護主義化◎↓ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・米国との相互ビザ発行停止等関係悪化 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安による海外資金の流出 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・ズマ大統領辞任による期待感◎
    ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る