トルコリラ円レポート月曜版(2018/2/26)

先週のトルコの材料は、依然として続いているアフリン(シリアクルド人地区)で展開している攻撃に対して、

トルコリラ円レポート月曜版(2018/2/26)

トルコリラ円レポート月曜版

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、トルコ円は「やや上値の重たい展開を考え、27.75レベルをサポートに、28.65レベルをレジスタンスとする週」を見ていました。実際のレンジは、安値が28.09レベル、高値が28.48レベルと、週間値幅はわずか39銭、最近のトルコ円にしてはかなり狭いレンジの中での取引が続きました。

先週のトルコの材料は、依然として続いているアフリン(シリアクルド人地区)で展開している攻撃に対して、シリア軍が反撃しているとのニュースに20日にトルコリラが対ドル、対円で売られる場面が見られましたが、直後にトルコの外務大臣はニュースを否定し、下げる前の水準に戻す動きが見られました。

しかし、週後半はドル円での円高がトルコリラ円の上値を抑え、28円の大台こそ割らなかったものの週間安値に限りなく接近し狭い値幅での取引のまま週末越えとなりました。いまだポジション的には日本の個人投資家を中心としたトルコリラ円での買いポジションは大きいままで、今後のレバ規制に対する懸念もあって上がったところでは売る向きも出てきているように思えます。

現在、トルコリラ円を提供しているFX業者はかなりの数に上りますが、現在のレバレッジ上限(25倍)と懸念されるレバレッジ(10倍)との間での高めのレバレッジでトルコリラを取引している投資家の数も一定の割合がいると考えられます。以前、特に通貨ペアを絞ったわけではありませんが、だいたい3人に1人が10倍以上のレバをかけて取引しているとのアンケート結果がありましたので、今後の規制の進み具合によっては上値を抑える大きな要因となる可能性がある点には注意が必要でしょう。

また23日にS&Pが新興国の格付けを一斉に発表しましたがトルコは変化なしで相変わらずジャンク。これは目立った変化が無いから当然の結果ではありますが、目についたものとしてロシアが2006年以降12年ぶりにジャンクから投資適格へと格付けが引き上げられたとのニュースが目立ちました。いっぽうでブラジルなど格付けを引き下げられている国もあり、新興国どうしでの投資資金移動といった動きも引き続き出そうだなと思わせる週末でした。

今週は引き続き目立った材料もありませんので、久しぶりに長期のトルコリラ円の動きでもチャートから見てみたいと思います。

             トルコリラ円月足

             トルコリラ円月足

月足チャートで2017年の高値から現在までの動きです。過去10年間のチャートを見るとほぼ下げ続けている歴史とも言えるのですが、その中で下降波動の動きを考えるとなると2017年高値から2011年安値までの下げ、その後の2013年高値への戻しを各点とした逆N波動と見えなくはありません。そして、2011年安値を2015年に下抜けてから現在までが下げの動きにあることとなります。

この2015年に安値を抜けてからもじりじりと下げ続けているトルコリラ円は史上最安値という下値目途をつけにくい流れが続いていますが、仮に上記逆N波動からフィボナッチ・エクスパンションでターゲットを求めると50%エクスパンションが26.85となっていることがわかります。かなり長期の動きですからある程度の誤差は考えなくてはいけませんが、27円割れという水準が現在の下げのひとつのターゲットとなりそうです。

もう少し細かく週足程度で見るのも良いと思いますが、今週は長期月足チャートで考えたトルコリラ円の下値目途ということになります。それでは、いつもの4時間足チャート(上からトルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円)もご覧ください。

      トルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円四時間足

      トルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円四時間足

先週こそ横方向への動きで方向感が無いもみあい相場となりましたが、トレンドはいまだピンクの平行線の下降チャンネルに示されるトルコリラ安にあります。先週も安値圏に張り付いた状態で引けていることを考えると、今週は先週の高値圏をレジスタンスに、下押しが入りやすいチャートと言えるでしょう。

今週も上値の重たい展開を考え、27.70レベルをサポートに、28.40レベルをレジスタンスとする一週間を見ておきます。

関連記事

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2018.09.26

    ニュージーランドの8月貿易収支結果(18/9/26)

    NZの8月貿易収支は▼14.84億NZドルとなり、予想を大きく下回る赤字額となりました。赤字幅は過去最大で、輸入が過去最大に匹敵するほどの大きさとなりました。

    ニュージーランドの8月貿易収支結果(18/9/26)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:上村 和弘

    2018.09.26

    ドル円 上昇維持しつつFOMC発表を迎える(9/26)

    9月25日夜にはトランプ大統領の国連演説があった。また日米欧貿易相会合等も開かれたが市場が反応するような内容は見られなかった。

    ドル円 上昇維持しつつFOMC発表を迎える(9/26)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:編集人K

    2018.09.26

    ドル円113円手前で足踏み(9/26朝)

    25日の海外市場でドル円は113円手前の狭いレンジでの取引に終始。明日のFOMC結果公表を前に様子見気分が強く、高値は東京時間の高値と同じ112.98まででした。

    ドル円113円手前で足踏み(9/26朝)

  • トルコリラ(TRY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2018.03.05

    トルコリラ円ショートコメント(18/3/5)

    先週は、トルコリラだけでなく新興国通貨全般にリスクオフが目立ちました。リスクオフは高金利通貨(ランド、トルコリラ等)

    トルコリラ円ショートコメント(18/3/5)

  • トルコリラ(TRY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2018.02.19

    トルコリラ円ショートコメント(18/2/19)

    先週は、リスクオフの流れが一服しドル全般の下げの動きの中で、若干ドル円のドル売りが強かったことによりますが、新たな材料は特にありません。

    トルコリラ円ショートコメント(18/2/19)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・トルコ危機に伴うトルコエクスポージャー懸念○↓
    ・ユーロ圏の経済指標2018年に入り軒並み悪化○↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・資源国通貨安再燃の恐れ○↓
    ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国人牧師高速と対米関係悪化◎↓
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・トルコ発金融危機の波及懸念◎↓
    ・18年2Q予想外の景気後退○↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る