ユーロ買いに調整が入りやすい週(週報1月第二週)

今週は材料的にもポジション的にもこれまでのユーロ買いの流れに対して調整が入りやすい一週間になりやすいと言えます。

ユーロ買いに調整が入りやすい週(週報1月第二週)

今週の週間見通しと予想レンジ

先週のユーロドルは、年末のユーロ高の動きから底堅い動きは続いたものの、週間レンジは1.2001から1.2089と週を通して90pipsにも満たない狭いレンジ内で冴えない一週間となりました。1.2089の高値は2017年の高値1.2092まであとわずかという水準でしたが結果としては抜けられず、やや上値の重たい週末クローズとなりました。

ユーロ買いの材料としては、ECBが1月から債券購入額を300億ユーロへと半減させ、現在の欧州の景気を考えると、9月以降は債券購入を停止する可能性が高く、ユーロ圏の金利上昇圧力にもつながっています。また、ドラギECB総裁は9月以降も状況次第では債券購入を続ける可能性を示唆しているものの、これはもっともハト派である同総裁ゆえの考え方と捉えた方がよさそうです。

いっぽうでユーロ売りの材料としては、短期的ではありますが、これまでユーロ買いの材料として考えられていたドイツの大連立です。CDUとSPDによる連立協議がこの週末から始まりましたが、難民問題、社会保障を中心に政策の違いがいまだ大きく、合意にはかなりの時間がかかるとの見通しです。ニュースによれば3月との見通しも含め、最悪の場合には再選挙という悲観的な見方まで出ている状況です。

しかしながら、SPD出身の大統領による説得や世論からのプレッシャーを考えると、メルケル首相は「うまくいく」と楽観的な見通しを示し、SPDのシュルツ党首も「国民は迅速な協議を求めている」と、これまでの3党連立決裂から大連立へと至る動きを崩さない姿勢を示しています。おそらくは双方の大幅な譲歩による妥協点探しという動きになってくると言えるでしょう。

もうひとつのユーロ売り材料としては、年末に大きく膨らんだユーロ買いポジションです。2日時点のシカゴの通貨先物のポジションを見ると、127,868枚のユーロ買いと昨年5月にユーロ売りからユーロ買いに転じて以降で最高のユーロ買いとなっています。これまでも高水準なユーロ買いが続いていましたが、現状のポジションは買いに傾き過ぎていると言わざるを得ません。

今週は材料的にもポジション的にもこれまでのユーロ買いの流れに対して調整が入りやすい一週間になりやすいと言えます。

テクニカルに、日足チャートも見てみましょう。

今週の週間見通しと予想レンジ

*日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中期的にはいまだピンクの上昇チャンネルで示したユーロ高の中にありますが、昨年高値をトライできず反落したことから、市高値トライはいったん先送りです。短期的には目先の高値を1.2089でつけ、12月安値1.1718からの上げに対してどこまで押すかという段階にあると考えられます。

現在の水準は、ほぼ38.2%押しの1.1947に近いのですが、半値押しが1.1903と12月後半の最初の上げと一致した水準にあることから、少なくとも同水準、動き次第では61.8%押しにあたる1.1860レベルまでを考えておいたほうが良さそうです。いっぽうで、買いが出た場合でも1.20の大台に乗せて来るところでは着実に売りが出て来ると考えられます。

今週は1.1875レベルをサポートに、1.2025レベルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。

今週のコラム

米国の主要株価指数は軒並み史上最高値、日経平均株価も大発会から大幅高となり今朝は先物で一時24,000円をつける動きとなりました。ユーロドルを考える際に、最近ではファンダメンタルに加え、ドイツの長期金利の話はよく聞くようになりましたが、思いのほか聞こえてこないのはドイツ株価指数であるDAXです。今回は最近のDAXの動きについて見てみることにします。

まずはDAXの日足チャートをご覧ください。

              DAX日足

              DAX日足

年明け以降は連騰していることはわかりますが、そもそも年明け2日の取引ではザラバに12月安値を割り込み9月末以来の安値を付けたところからの上げです。昨日には12月高値こそ抜いたものの昨年11月の高値にはまだかなり距離があり、ドイツ株は米国株や日本株にかなり遅れを取っていると言えます。

ドイツの連立協議、ドイツ長期金利上昇といったあたりが株価の重石となっていますが、世界的な株高の動きの中で景気が良いはずのドイツ株がかなり出遅れているということは気になるところですし、昨年高値を超えられず下げる動きが出て来ると、こうしたこともユーロの売り要因とされる可能性もあります。

高値圏に近いけれど抜けられなかったというのは先週のユーロドルで見た動きですが、当面はドイツ株の動きも見て行くとよさそうです。

今週の予定

今週注目される経済指標と予定はドル円週報に示してあるものと共通です。ドル円週報の「今週の予定」をご参照下さい。なお、その中でユーロの値動きに特に影響が出ると考えられる予定は以下のものです。重要な予定として注意しておきましょう。

1月8日(月)
**:** 東京市場休場
16:00 ドイツ11月製造業受注
19:00 ユーロ圏12月消費者信頼感確報値
19:00 ユーロ圏11月小売売上高

1月9日(火)
16:00 ドイツ11月鉱工業生産
19:00 ユーロ圏11月失業率

1月10日(水)
10:30 中国12月CPI、PPI
18:30 英国11月鉱工業生産
18:30 英国11月貿易収支

1月11日(木)
18:00 ドイツ2017年GDP
19:00 ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30 ECB理事会(12月14日)議事要旨

1月12日(金)
**:** 中国12月貿易収支
25:30 ドイツ連銀総裁講演


前週のユーロレンジ

        始値  高値  安値  終値

ユーロドル 1.2010 1.2089 1.2001 1.2029
ユーロ円  135.44 136.62 134.81 136.02

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時?NY午後5時のインターバンクレート。

前週のユーロ

1月1日(月)
 全市場休場

1月2日(火)
 ユーロドルはアジア市場で昨年末高値を上抜けその後も上昇、1月もユーロ高が続くとの思惑も強く欧州市場では1.2081レベルと2017年高値に10pips程度へと迫りました。しかし後が続かずにトライしきれずに反落後に、引けにかけてはやや戻しての引けとなりました。

1月3日(水)
 前日に2017年高値を超えられなかったことが尾を引いて、アジア市場では利食いを中心とした売りが目立ちました。NY市場では全般的にドル買いの動きとなる中、1.20の大台こそ割り込みませんでしたが、2日かけての行ってこいの動きで引けることとなりました。

1月4日(木)
 ユーロドルは東京市場から買いが先行し、NY市場前場には2日高値を超え1.2089レベルの高値をつけました。ユーロ円も一段高となり136.37レベルの高値をつけ、ユーロドルとともに高値圏での引けとなりました。

1月5日(金)
 ユーロドルは、ドル円のドル買いに引っ張られる格好で終日じり安の展開、ただ下げも限定的で1.20の大台は維持しました。雇用統計直後こそ動きはあったものの比較的落ち着いた動きとなっていました。また、ユーロ円は136.62レベルの高値をつけ、その後は136円水準まで押しての引けとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・ドイツ連立政権樹立への不透明感○↓ ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・イタリア総選挙 極右再台頭か? 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・予想外の政権交代と保護主義化◎↓ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・米国との相互ビザ発行停止等関係悪化 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安による海外資金の流出 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
    ・ズマ大統領によるゴーダン財務相解任と債務格付けのジャンク化 ◎↓
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る