仏大統領選通過でユーロ、欧州株急伸(4/24)

フランス大統領選第一回投票の結果は予想通り極右のルペン党首、中道マクロン氏の決選投票進出となりました。

仏大統領選通過でユーロ、欧州株急伸(4/24)

ユーロ、仏大統領選通過で過度のユーロ売りに調整

フランス大統領選第一回投票の結果は予想通り極右のルペン党首、中道マクロン氏の決選投票進出となりました。今後第二回の5月7日の投票までによほどのトランプ的な番狂わせが起こらない限り、中道マクロン氏が残りの票の多くを集め大統領に就任、無所属の弱さはあるものの、EU離脱などの騒ぎを起こす心配は無く、為替市場的には後は国内で勝手にやってくれという道筋が見えてきました。
もっとも、昨年来そのよほどの番狂わせが続いたことから、結果はメインシナリオ通りであったにもかかわらず、市場はリスクシナリオであったルペン党首と急進左派のメランショフ氏の組み合わせに備えすぎてユーロを売っており、逆に「メインシナリオに対する備え」ができていなかったことから週明けマーケットは大荒れです。


ユーロドルは前週末の1.0728から、一気に値を飛ばして200日移動平均線をまたいで1.0859で寄り付き、早々に年初来の高値1.0906を抜いて1.0937の高値を付けた後はユーロ売りもでて、アジア時間は寄り付きレベルの1.0850を中心に推移しました。
また、最もリスク回避ポジションとなっていたユーロ円は117円台前半から120円台前半まで上昇、現状は119円台半ばでの取引です。

ユーロドルは年初来高値を更新したことで、大方の抵抗線が無くなり、200日移動平均の1.0838をサポートにして上方向に解放された形となっており、目先1.10を目指す動きです。
逆に1.0838を下抜けて反落した場合には先週の抵抗線1.0778あたりを足場とする形となるものと思われます。

本日山中先生が当面のユーロドルの抵抗線につき説明してくださっていますので、併せご参照ください。

序盤の欧州株価指数先門ではフランスのCAC指数が4.7%高の他欧州株は軒並み値を上げています。
明日は北朝鮮の地政学リスクでのイベント日ですが、欧州地区は比較的影響が少なそうなこと等踏まえ、今晩のユーロがどのような動きを見せるかに注目です。

尚、今週半ばにはECB理事会も控えており、各国の出口戦略への思惑が入り乱れる中、イベント消化一巡後は市場のユーロをめぐる関心はそちらに向かうものと思われます。

オーダー/ポジション状況

関連記事

  • トルコリラ(TRY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.11.29

    トルコリラ円レポート月曜版(21/11/29)

    先週のトルコリラ円は、安値が8.44レベル、高値が10.37レベルとなり、予想レンジよりも更にトルコリラ安の流れが続きました。

    トルコリラ円レポート月曜版(21/11/29)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.11.29

    ランド円ショートコメント(21/11/29)

    先週のランド円は安値が6.89レベル、高値が7.27レベルと、予想以上のランド安の動きとなりました。

    ランド円ショートコメント(21/11/29)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:斎藤登美夫

    2021.11.29

    「オミクロン株」に一喜一憂する展開継続か(11/29夕)

    週明け29日の東京市場はドルが弱含み。一時的に買い進まれる局面も観測されたが長くは続かず、その後は売りに押されている。

    「オミクロン株」に一喜一憂する展開継続か(11/29夕)

  • ユーロ(EUR)の記事

    Edited by:編集人K

    2017.04.25

    ユーロ再び強含む(2017年4月25日)

    東京時間のユーロドルは前日の海外市場での水準である1.086台を中心に推移していましたが、夕刻欧州勢が参入するにつれてユーロ買いが強まり、

    ユーロ再び強含む(2017年4月25日)

  • ユーロ(EUR)の記事

    Edited by:山中 康司

    2017.04.24

    ユーロの買いには限界も(2017年4月24日)

    5月7日のフランス大統領選決選投票では当初想定されたマクロン候補とルペン候補の組み合わせが確定し、当初の予想通りマクロン大統領誕生の見方でよいはずです。

    ユーロの買いには限界も(2017年4月24日)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る