トルコリラ円ショートコメント(2017年3月21日)

先週のトルコリラを取り囲む環境は、オランダの議会選挙に向けてトルコ外相のオランダ入獄拒否といった政治的なものと、

トルコリラ円ショートコメント(2017年3月21日)

トルコリラ円ショートコメント

まず先週の振り返りですが、「30.00の大台をサポートに、30.90レベルをレジスタンスとする流れ」を見ていましたが、実際のレンジは安値が30.46レベル、高値が31.44レベルと、大幅にトルコリラ高の一週間となりました。

先週のトルコリラを取り囲む環境は、オランダの議会選挙に向けてトルコ外相のオランダ入獄拒否といった政治的なものと、米国の利上げ、そしてトルコ中銀の政策金利発表が16日にありました。

政治的な影響は見られませんでしたが、米国の利上げが織り込み済みかつ利上げ見通しが一部の市場の思惑よりもハト派(12月から変化なし)であったことに加え、トルコ中銀は主要金利3指標こそ原状維持としたものの、1月以降実質的な上限金利となっている後期流動性金利を0.75%引き上げたことで米国との金利差は逆に0.5%広がったと言えます。

市場のコンセンサス以上に上限金利が引き上げられたことがトルコリラ買いの材料となり、利上げ直後に31円の大台に乗せ、その後も前週高値、前々週高値を次々と上抜け、金曜には31.44と2月24日以来の高値を付けることとなりました。最近のトルコ中銀は新たな上限金利を設定してからかなり機動的な金融政策を実施していますが、先週の動きも市場予想を上回る引き上げとなったことでトルコリラ安を食い止めることに成功しています。

それでは、4時間足チャート(上からトルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円)をご覧ください。

      トルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円四時間足

      トルコリラ円、ドルトルコリラ、ドル円四時間足

目先のトルコリラ安は回避してはいますが、31円台半ばを積極的に買うほどまでの材料には乏しく、引き続きトルコを囲む悪材料を考えると戻りは売りという市場参加者も多い様子で、2月23日の高値31.70を上抜ける勢いは感じられません。

今週は利上げ前の水準はサポートとなりそうですが、先週の高値圏が逆にレジスタンスとなりやすく、30.60レベルをサポートに、31.40レベルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る