ユーロの3つのリスク(2017年1月24日)

ユーロ相場は目先、ドル相場の勢いにつられて上下していますが、潜在的にはいくつかのリスクを抱えています。

ユーロの3つのリスク(2017年1月24日)

ユーロの3つのリスク

イタリア・リスク、ブレグジット・リスク、トランプ・リスク

テーマ:イタリア・リスク、ブレグジット・リスク、トランプ・リスク

ユーロ相場は目先、ドル相場の勢いにつられて上下していますが、潜在的にはいくつかのリスクを抱えています。

イタリア・リスク:本日24日にイタリア憲法裁判で、イタリアの選挙法に関しての判断がでます。
この内容によっては来月2月にでも現行のイタリア暫定政権の解散・総選挙が行われる運びとなります。一方で内容によっては、この暫定政権が来年度まで今のまま継続となるので、この結果に要警戒です。
昨年来の英米でのポピュリズムの流れから、今年もその勢いが続いています。

もう1つは、ブレグジット・リスク:これに関しても本日24日に英国最高裁判所が、英国がEU離脱の手続きを開始する為には、英国議会の承認が必要かどうかの判決を下します。市場では、この判決に関して、英国議会の承認が必要と織り込んでいて、一時の安値より1.25台へ上戻しています。何れにせよ手続き開始後、種々の交渉が必要とされ、このリスクは今後も長い時間をもって上値を重く抑えてきます。

以上大きな2つのユーロ懸念のリスクがある一方で、昨日トランプ米大統領がTPP離脱を正式に大統領令に署名した事で、今後欧州の企業の業績が恩恵に浴する展開が想定され、ユーロの底割れは回避されそうです。

ユーロドル:1月24日のテクニカル分析

ポイント:上値の高値更新を試す流れ。

先日以来注意をしていた、日足の一目均衡表・先行スパンの1の1.0640と、2の1.0833の間に突入しました。
これは先行スパン1が1.0797から1.0640へ低下した事による面もあるのですが、このままドル安を背景にユーロも上値を試すか否かに注目です。

上記のように、本日24日はイタリア・リスク、ブレグジット・リスクがありますが、基本は3つ目のトランプ・リスクによるドル相場の動きと想定すべきで、その意味では、時間的な見方としては今月末の米年頭教書から、来月2月の予算教書の提出までの時間と想定します。
それまでの時間の間に、先行スパン2の1.0833、2月下旬まで横ばい推移と予想されます、を上抜けてどこまで上戻しが出来るのかの展開と想定します。

今日のレンジは、1.0680~1.0780と見ます。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る