ニュージーランド2022年第2四半期失業率の予想(22/11/1)

日本時間11月2日朝6時45分に発表予定です。

ニュージーランド2022年第2四半期失業率の予想(22/11/1)

ニュージーランド2022年第2四半期失業率の予想

NZの失業率が明日の早朝に発表されます。四半期毎の公表となっています。

NZの失業率関連指標

NZの失業率関連指標

(11月1日8時30分現在予想)

(1)就業者数

(1)就業者数

(前期比ベース、黒い縦線より右は今回予想値、赤はゼロ)


前回2Qの就業者数は前期比・前年比共に予想を下回りました。今回3Qは前期比で+0.5%の伸び、前年比では僅か+0.3%の伸びに留まりますが、上図の〇印にある様に、2021年3Qは前期比+2.0%の大きな伸びとなったことによる反動です。2021年4Qは前期比+0.1%でしたので、次回の年率は上がると見られます。その意味で今回の前期比+0.5%は昨年4Q以降の低迷からやや脱する数値になっています。但し、下図(2)で見られるように、失業率の改善はかなりの水準まできているので、就業者数の大きな伸びは期待し難いと思われます。また、NZ中銀が四半期毎に公表している8月時点の2022年末雇用者の伸びは年率2.7%(5月時2.8%から下方修正)ですが、2022年は上半期でまだ1.0%強の伸びに留まっており、今回予想の+0.5%程度の結果がないと達成が厳しくなりそうです。

失業率(下図2)は青い線の4%を切ってから、改善度合いを早めていましたが、次第に横這いとなっています。今回予想は前期より改善する3.2%ですが、NZ中銀が四半期毎に公表している8月時点の2022年の9月末は3.3%、12月末は3.5%(5月時3.2%より下方修正)ですので、若干良い予想になっています。但し、中銀の予想通りなら、失業率の改善も止まり、今後も横這い傾向になると思われます。

(2)失業率

(2)失業率

(黒い縦線より右は今回予想値、赤い線はNZ中銀の22年末予想3.3%)


NZドル米ドル相場についてはシカゴポジション358を御参照願います。
昨日の相場はNZドルが弱い状況でしたが、底値は0.5775迄で、最初のサポートで止まり、終値は0.5810サポートを維持できました。目先は戻り高を狙える状況ですが、0.5880の抵抗線は比較的強くなっています。下値は0.5780、0.5740〜50、0.5710〜20のサポートですが、最後が重要なポイントになっています。

(11月1日13:00、1NZドル=0.5848米ドル)

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る