ランド円ショートコメント(2021年7月12日)

南アは感染者数増との戦いという状況が続きそうです。

ランド円ショートコメント(2021年7月12日)

ランド円ショートコメント

まず、先週の振り返りですが「改めて下値を試しに行く展開を想定し、7.60レベルをサポートに7.85レベルをレジスタンスとする流れ」を見ていました。実際のレンジは安値が7.58レベル、高値が7.80レベルと、予想よりわずかに下でしたが、ほぼ予想通りの一週間となりました。

先週のランドは、南アフリカ国内の新型コロナ感染者数が7月3日のピークからは下がっているものの、依然として高水準な状況が続いていることもあって、上値が重たい展開が続き8日にはドル円での円高の動きも重なって7.58レベルと5月6日以来の安値をつけました。その後、週末にかけてはドル円とともに買い戻しが出たものの、好材料が無い中でテクニカルにも一段の下押しの可能性が強まっています。また首都ヨハネスブルクの市長が新型コロナに感染して53歳で死去しました。

同国のワクチン接種は60歳以上にしか進んでいなかったための悲劇とも言えますが、このニュースを受けてワクチン接種年齢が50歳以上に下げられました。8月からは35歳以上に更に下げられるそうですが、それまでは南アは感染者数増との戦いという状況が続きそうです。そして上述したテクニカルですが、ランド円の日足チャートからご覧ください。

ランド円ショートコメント

長期的なサポートライン(ピンクの太線)を下抜けていますが、直近では短期的なレジスタンスライン(ピンクの細線)と合わせて三角もちあいパターンを下抜けつつあります。ここで急速に反発すればダマシとなる可能性もあるのですが、横方向の動きを続けているうちに完全に下抜けてしまうという展開がもっともありそうです。

いつもの4時間足チャート(上からランド円、ドルランド、ドル円)もご覧ください。

ランド円ショートコメント 2枚目の画像

ランド円もここ3週間はほぼ横ばいですが、わずかずつ高値を切り下げてきています。今週も先週に続いて若干安値を更新していく流れを見ることとなるでしょう。

上値側はチャートの中に示した半値7.72を若干上回る程度、下値も若干切り下げる程度の値幅を考え、今週は7.55レベルをサポートに7.75レベルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。
掲載情報には価格.comFX口座比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。

ページトップへ戻る