日経平均株価四半期足とターゲット(10/2)

日経平均株価が27年ぶり高値と景気の良いタイトルが新聞紙面に掲載されていますが、さすがに27年前というと1991年、

キーワード:

日経平均株価四半期足とターゲット(10/2)

日経平均株価四半期足とターゲット

日経平均株価が27年ぶり高値と景気の良いタイトルが新聞紙面に掲載されていますが、さすがに27年前というと1991年、そこまで長いチャートですと月足でもつぶれてしまいますので、今回は四半期足のバーチャートで過去30年間の株価の動きを見てみることにしましょう。

日経平均株価四半期足とターゲット

日経平均4半期足

緑のバーが陽線、赤のバーが陰線、4本をまとめた1年を四角で囲み四角の色は年間の陰陽を示してあります。

上下のピンクのラインが史上最高値(1989年12月38957.44)とバブル崩壊後の最安値(2008年10月6994.90)ですが、現在の24000円台はバブルとその崩壊が発生した1988年〜1990年を除くと日経平均株価の歴史の中では高値圏となっています。

いまの日経平均がどこをターゲットとしているのかを赤い水平線で示しましたが、史上最高値とその後の安値の61.8%戻しが26000円台後半にあります。まだまだ距離はあるものの、株式関係者は同水準がバブル崩壊翌年1991年の高値と重なっていることもターゲットとしやすくしていると考えられます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る