NY原油大幅高(17/12/28)

11月30日のOPEC総会で減産合意が延長されてから1か月近くが経ちましたが、その後も原油価格は上昇を続け、

キーワード:

NY原油大幅高(17/12/28)

NY原油大幅高

11月30日のOPEC総会で減産合意が延長されてから1か月近くが経ちましたが、その後も原油価格は上昇を続け、NY原油(WTI期近)はこの1か月で57.42ドル(11月末終値)から60.01ドル(12月26日高値)へと2.59ドルの上げ幅となっています。

60ドルの大台乗せは2015年6月以来の2年半ぶりのこととなります。OPECの協調と需給のだぶつきが解消されつつあることが大きな要因となっていますが、リビアにおけるパイプラインの爆発(ISによるテロとの見方)が更に押し上げるニュースとなりました。

テクニカルには一段高の可能性もあるチャートとなっていますので、長期の動きを俯瞰するために月足チャートをご覧ください。

               WTI月足

               WTI月足

2014年の高値を起点と考えると2015年3月までの下げ、その後5月までの戻しを経て2016年安値の26.05ドルまでの下げで下げの波動が終了です。その後は2017年1月までの上げ、6月までの押しを挟んで今回の60ドルの大台示現とこの流れは上げの波動です。

大きく見ると逆ヘッド&ショルダー(ピンク)の反転パターンに見え、現在は2014年高値107.61と2016年安値26.05の半値戻しとなる66.83、もしくはヘッド&ショルダーの右側をN波動と考えた場合のフィボナッチ・エクスパンションの100%ターゲットとなる71.28をターゲットとする流れにあると見られます。

関連記事

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.12.03

    FF先物・定点観測(21/12/3)

    前回のFF先物推移確認から1か月近く経過しましたので、12月1日の引け時点での取引状況を確認しておきましょう。

    FF先物・定点観測(21/12/3)

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:山中 康司

    2021.11.05

    FOMC後のFF先物(21/11/5)

    結果としてFF先物のレートはやや下がっています。

    FOMC後のFF先物(21/11/5)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2021.09.20

    エバーグランデ月足チャート(21/9/20)

    各レポートで取り上げたエバーグランデですが株価チャートを見るといかにまずい状況にあるのかがよくわかると思います。

    エバーグランデ月足チャート(21/9/20)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2018.01.05

    FXレバ規制と有識者会議(18/1/5)

    ドル円は年末年始を挟んで動きが鈍いままですが、今夜は米国雇用統計、月曜は東京市場休場と本格始動は来週火曜からとなりそうですね。

    FXレバ規制と有識者会議(18/1/5)

  • その他

    Edited by:山中 康司

    2017.12.05

    ポンド上昇後に行って来い(17/12/5)

    昨日の海外市場でははじめは英国とEUとの合意が近そうだとの話からポンドが1.34台前半から1.35台前半へと上昇後に、

    ポンド上昇後に行って来い(17/12/5)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る