原油一段高 (17/7/28)

OPEC・非OPECによる減産調整会合以降、原油価格は一段高の動きを見せ昨日は49.24ドルの高値をつけています。

キーワード:

原油一段高 (17/7/28)

原油一段高

OPEC・非OPECによる減産調整会合以降、原油価格は一段高の動きを見せ昨日は49.24ドルの高値をつけています。6月安値42.05ドルから既に7ドル以上の上げとなり最近の落ち着いた値動きの中では比較的大きな上げ相場になっているといえるでしょう。久しぶりにWTI日足(期近つなぎ)チャートを見て今後の展開について考えてみます。

原油一段高

現在の上げ相場は6月安値を起点にピンクの平行ラインで示した上昇チャンネルの中での値動きであることがわかります。しかし、今週の上げでもってこの上昇チャンネルの上限に近づいていることも見て取れますし、4月高値と5月高値を結んだレジスタンスライン(赤色)もまた同じ水準に位置していることから、短期の上げとしてはいったんいいところに来たと考えることができます。

となると調整の押しを考えることとなりますが、チャート的には短期の押しを挟んで上昇N波動を形成中であるため、押しも直近安値45.40ドルと昨日高値とのフィボナッチ・リトレースメント(緑色)の計算でよいと思われます。すると半値押しが47.32ドル、61.8%押しが46.87ドルとなり、47ドル前後が押しのターゲットとなりやすい水準です。位置的にも上昇チャンネルの下限に到達するかどうかという水準でバランスも悪くありません。

その後、再上昇の動きは6月安値から7月初めの高値、その後の押しのN波動を考えフィボナッチ・エクスパンション(青色)を見ます。現在の水準はほぼ100%(48.42)友重なり、上記のラインとも合わせていったんターゲットを達成している水準であることが、この計算からもわかりますが、次の上げは上昇チャンネルの上限とぶつかるターゲットとして、127.2%(161.8%の平方根)のエクスパンションとなる50.35ドルが妥当です。

結論として、短期的にはやや過熱感があり、47ドル水準まで短期的な調整を挟んだ後に50ドルの大台を見る可能性が高いと言えるでしょう。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る