オーストラリアの賃金の伸びが過去最低

(出所:オーストラリア統計局)

キーワード:

オーストラリアの賃金の伸びが過去最低

2015年末オーストラリアの賃金の伸びが過去最低

(出所:オーストラリア統計局)

2月24日に発表された賃金価格指数(Wage Price Index:WPI)は2015年の第4四半期ベースで前期比0.5%の伸びとなった。前年比は2.2%に留まり、年間通しての伸びは1998年の統計調査開始以来、最低の伸び率となった。

民間部門では、公的部門よりも伸びが遅く、前年比2.0%となった。公的部門は2.6%の伸びだった。

部門別では、資源関連、電気、ガス、水道、建設、管理サービス部門が調査開始以来の最低の伸びだった。

下図は賞与除く時間当たりの賃金の伸び、四半期ベースの変化…下降トレンドから脱却できていません。(青:民間部門、緑:公的部門)

        (出所:オーストラリア統計局)

        (出所:オーストラリア統計局)

オーストラリアの経済は資源関連部門牽引の経済拡大から非資源関連部門中心へ移行中でうまくその転換が図られてきていますが、雇用拡大や失業率改善しているにも関わらず、いまだ賃金の伸びには繋がっていません。
この辺りに豪州経済の回復力の弱さが潜んでいる様です。賃金増→消費者拡大→企業業績拡大→雇用改善→賃金増の好循環に入る兆しが2016年に見られるかがポイントになりそうです。

オーダー/ポジション状況

関連記事

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2022.10.31

    N$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

    シカゴ先物市場における、いわば投機筋と呼ばれる市場参加者の建て玉で、ロングとショートの差し引きで現在どの様なポジションに傾いているのかを判断するものです。

    N$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

  • オーストラリアドル(AUD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2022.10.31

    A$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

    シカゴはロング900枚減、ショートはなんと15,200枚増で、ネット16,100枚もの豪ドルショート増になりました。

    A$シカゴポジション(2022年10月25日現在)

  • 日本円(JPY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2022.02.04

    日経平均株価のテクニカル(22/2/4)

    米国主要株価指数は大きく下げた後に現在はやや調整が入っていますが、日本株も同様の動きとなっていることから今後の展開についてテクニカルに考えてみます。

    日経平均株価のテクニカル(22/2/4)

  • オーストラリアドル(AUD)の記事

    Edited by:川合 美智子

    2016.02.25

    豪ドル/円レンジ内で揉み合い(2016年2月25日)

    豪ドル/円、レンジ内で揉み合い。中期トレンドは豪ドル弱気

    豪ドル/円レンジ内で揉み合い(2016年2月25日)

  • オーストラリアドル(AUD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2016.02.23

    シカゴポジションA$(2016年2月16日現在)

    シカゴ先物市場における、いわば投機筋と呼ばれる市場参加者の建て玉で、ロングとショートの差し引きで現在どの様なポジションに傾いているのかを判断するものです。

    シカゴポジションA$(2016年2月16日現在)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る