NZ政策金利(2016年3月8日)

(2016年3月10日朝5時公表予定)

キーワード:

NZ政策金利(2016年3月8日)

市場の予想

NZ準備銀行(中銀)政策金利(オフィシャル・キャッシュレート)
  (現行 2.5%)…今回も据え置き予想
尚、2016年央以降は2〜2.50%レンジで、先々は緩和方向を予想しているエコノミストは依然多い。

コメント

12月の利下げ実施後、前回(1月)は据え置きとなりましたが、今回も据え置き予想となっています。
前回の据え置き決定後の要旨(下記に記載)にも記載されていますが、昨年12月利下げ後のNZ安を好感しており、NZも他国同様に通貨安による景気浮揚の1材料として見ている様です。
従いまして、金利据え置いても緩和基調継続のニュアンスはコメントされると思います。
豪州・NZ両国共に、他国とのファンダメンタルズ比較は相対的に良いですが、経済が盤石でない分、通貨高に戻せない事情がありそうです。

尚、今回も万一利下げを実施した場合にはサプライズとなりますので、NZ安には注意が必要です。利上げは考え難い状況です。
12月利下げ実施時点で1NZドル=0.6750〜0.68米ドルで推移していましたが、1月中旬に0.64米ドル台まで下落後、現在は0.67台まで回復しています。上値抵抗線が0.69にあるので、ここを越えるとNZが強くなります。逆に0.6580切ると0.6350〜0.6420ゾーンが見えてきます。

1月時点の中銀据え置き決定の要旨抜粋

NZの国内経済は2015年の前半は弱かった。これは貿易取引の不振によるもの。しかしながら、2016年には回復すると期待している。これは増える移民流入、観光業、堅調な建設業、企業・消費者信頼感の上昇により裏づけられると期待している。

最近の資本市場(12月利下げ)への緩和状況(12月利下げ)により、NZドルと金利は軟化した。輸出価格の弱さをカバーする上で、NZドルの更なる下落が適切と思っている。

まだ多くの外的リスクが存在している。それは世界経済の見通しに起因している。とりわけ中国の景気減速、世界的な資本市場の(不安定な)状況、移民増加、あるいは住宅市場からの圧力に晒されている。

消費者物価は依然として低く、これはエネルギー価格下落に起因している。しかしながら、一時的な価格変動要因を除いたコア・インフレは目標とする1.6%レンジ内に一貫して収まっている。インフレ期待は安定している。

インフレは2016年を通して上昇していくと予想している。しかし、目標水準にはまだ到達しないだろう。そのために金融政策は緩和傾向を続けていくだろう。平均的なインフレを達成するためには、更に一段の緩和が今後も必要と思われる。今後も新興国の経済データ推移を注意深く見守っていく。

                                                   中銀政策金利推移

               中銀政策金利推移

関連記事

  • 米ドル(USD)の記事

    Edited by:斎藤登美夫

    2022.12.05

    米金融政策にらみ基本は一進一退(12/5夕)

    週明け5日の東京市場はドルが底堅い。一時売りが先行する局面も見られたが134円は割り込まず、むしろ終盤に掛けてはドル買いが優勢だった。

    米金融政策にらみ基本は一進一退(12/5夕)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    Edited by:山中 康司

    2022.12.05

    ランド円ショートコメント(22/12/5)

    先週のランド円は、安値が7.55レベル、高値が8.22 レベルと、大きくランド安へと下振れる一週間でした。

    ランド円ショートコメント(22/12/5)

  • トルコリラ(TRY)の記事

    Edited by:山中 康司

    2022.12.05

    トルコリラ円レポート月曜版(22/12/5)

    先週のトルコリラ円は、安値が7.13レベル、高値が7.49 レベルと、予想レンジよりもかなりトルコリラが弱い一週間となり、年初来安値を更新しました。

    トルコリラ円レポート月曜版(22/12/5)

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:編集人K

    2016.03.10

    予想外の政策金利引き下げでN$急落(2016年3月10日)

    ニュージーランド準備銀行は大方の据え置き予想を裏切り、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを0.25%引き下げ2.25%としました。

    予想外の政策金利引き下げでN$急落(2016年3月10日)

  • ニュージーランドドル(NZD)の記事

    Edited by:橋本 光正

    2016.03.07

    N$シカゴポジション(2016年3月01日現在)

    シカゴ先物市場における、いわば投機筋と呼ばれる市場参加者の建て玉で、ロングとショートの差し引きで現在どの様なポジションに傾いているのかを判断するものです。

    N$シカゴポジション(2016年3月01日現在)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る