南アフリカランド(ZAR)の記事 まとめ 17ページ目

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.03.21

    ランド円レポート月曜版(2017年3月21日)

    先週は主要国の金融政策イベントが続きましたが、ランド円に関係したところでは米国のFOMCです。

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年3月21日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.03.13

    ランド円ショートコメント(2017年3月13日)

    先週の南アフリカではGDP程度しか材料はありませんでしたが、前期比で前回が0.2%、予想がやや悪化して0.0%となっていたところ

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年3月13日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.03.06

    ランド円レポート月曜版(2017年3月6日)

    先週はトランプ大統領の議会演説に目が向かいましたが、演説自体は肩透かしでそれ以上に3月FOMCにおける利上げ思惑の高まりが

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年3月6日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.27

    ランド円ショートコメント(2017年2月27日)

    ランド円は木曜まではじり高、金曜はドル円、クロス円全般における円買いの動きもあって押しての引けとなりましたが、

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年2月27日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.21

    南アランド不正操作疑惑でCITIが罰金支払い

    先週末に、南アフリカ共和国の競争政策委員会がプレトリアの競争審判所に「少なくとも2007年以降に南アフリカランドの取引にかかわる不正操作や談合があった」

    edited by:編集人K

    南アランド不正操作疑惑でCITIが罰金支払い

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.21

    南ア/円 短中期はランド強気。長期は弱気の流れ。

    南ア経済は、最大の貿易相手国である中国経済に影響を受け易い傾向にありますが、国内では恒常的な電力供給不足が生産性向上に繋がらず、

    edited by:川合 美智子

    南ア/円 短中期はランド強気。長期は弱気の流れ。

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.20

    ランド円レポート月曜版(2017年2月20日)

    ランドの動きですが週前半はドルランドがランド高となる一方で、ドル円は円安となり双方の動きからランド円は上昇する展開となりました。

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年2月20日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.13

    ランド円ショートコメント(2017年2月13日)

    今週の南アフリカの材料は15日にCPIと小売売上高が予定されていますが、CPIは前年比で6.8%と前月並みの予想、

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年2月13日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.02.06

    ランド円レポート月曜版(2017年2月6日)

    先週は週初から日米首脳会談に向けて円高懸念が強まったことからドル円に足並みを揃える形でランド円もまた売りが先行してのスタートを切りました。

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年2月6日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.01.30

    ランド円ショートコメント(2017年1月30日)

    まず先週の振り返りですが、「8.25レベルをサポートに、8.50レベルをレジスタンスとする流れ」を見ていましたが、

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年1月30日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.01.23

    ランド円レポート月曜版(2017年1月23日)

    先週は材料的にはCPI、小売売上高とありましたがCPIはかなり高く前年比で6.8%、また小売売上高はマイナス予想よりも強く前年比+3.8%となっていました。

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年1月23日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.01.16

    ランド円ショートコメント(2017年1月16日)

    先週の材料としては大きなものがあったわけでもなく、基本的に下値トライの後の買い戻しの週となっていましたが、

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年1月16日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.01.10

    ランド円レポート月曜版(2017年1月10日)

    年始の1週間は他のクロス円同様にドル円の動きの影響が大きかった週で、

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2017年1月10日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2017.01.04

    ランド円ショートコメント(2017年1月4日)

    本日までの年始の動きでも昨日は8.61レベルとわずかに昨年最終週の高値を上抜け、その後も堅調地合いを続けています。

    edited by:山中 康司

    ランド円ショートコメント(2017年1月4日)

  • 南アフリカランド(ZAR)の記事

    2016.12.26

    ランド円レポート月曜版(2016年12月26日)

    先週は目立った材料があったわけでは無く、今週は南アフリカも月曜・火曜が休場となっていてほとんど年内は終了といった感じが漂っています。

    edited by:山中 康司

    ランド円レポート月曜版(2016年12月26日)

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る