米2月NY連銀製造業景況指数予想(20/2/18)

日本時間2020年2月18日22時30分発表予定です。

米2月NY連銀製造業景況指数予想(20/2/18)

2月NY連銀製造業景況指数

本日2月NY連銀製造業景況指数が発表されます。先行指標としては重要で、コロナウィルスの影響が出るか否かを確認します。

2月NY連銀製造業景況指数

(今回発表予想)2020年2月18日12時現在予想


1月のNY連銀製造業景況指数は予想を若干上回る数値となりましたが、下図をみても低位横這いで、回復と言える数値ではありません。
過去2回の高値(○印)からの下降期間を見ると、最初は2010年4月〜2013年1月の2年8ヶ月、2番目は高値の2014年9月〜2016年9月までの2年1ヶ月です。後者は途中1度大きく回復していますが、両者とも2年以上の下落期間です。今回のパターンでは2017年10月高値スタートからですと現在は2年4ヶ月経過しています。大きく下がり始めたのが2018年12月からで、ここをスタートにするとまだ1年3ヶ月です。未回復の期間が長期化する可能性があります。


2月NY連銀製造業景況指数 2枚目の画像

@NY連銀製造業景況指数(青)と移動平均(オレンジ)黒より右は今回予想


また、下図AはISM製造業景況指数(ISM)とNY連銀製造業景況指数(NY)の3ヶ月移動平均線を比較しています。NYがボラタイルなので移動平均線にしています。月々では若干上下の振れはありますが、ほぼ正の相関となっています。下図〇印は4つありますが、過去3回はNY(オレンジ)がマイナス、今回はISM(青)がマイナスになった時期を示しています。50未満の月数は左から連続で5ヶ月、6ヶ月、9ヶ月になっており、NYの方が圧倒的に悪かったのですが、2019年のNYはマイナスが一度もなく、逆にISMは5ヶ月連続のマイナスです。いかに全米での製造業が悪かったかを示しています。また、両社の相関は1月のISMが50越えになったことで、再び相関が強まっています。ここまでのNYは8ヶ月連続で0〜5レンジで横這っているので、もし2月のNYも予想通りの数値なら、3月2日発表の2月ISMも市場が期待する回復は見え難くなります。


2月NY連銀製造業景況指数 3枚目の画像

AISM製造業景況指数とNY連銀製造業景況指数の3ヶ月移動平均線
(NY連銀製造業景況指数は2月予想値を加味した移動平均線)


下図はドル円の日足チャートです。ここ約2週間(9営業日)は小動きなので、基本的な流れは変わっていません。
A,B,Cは全て平行線で、Aの抵抗線を引いてから下げたものです。A:110円70銭、B:109円10銭、C:108円10銭にあります。このAとBの間でD:110円25銭とE:109円65銭のトレンドができています。下限Eを切ればB方向、上限Dを越えればA方向と思われます。
流石に今日から始まるNY連銀製造業景況指数を皮切りに、住宅着工件数、FOMC議事要旨、フィラデルフィア連銀製造業景況指数などが続きますので、予想数値をはみ出す結果がでれば、反応してもおかしくないと思います。

2月NY連銀製造業景況指数 4枚目の画像

(2020年2月18日14:45、1ドル=109円75銭)

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大 長期金利の急速な低下
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大とイタリアでの蔓延 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • トルコとロシア トルコとEUの関係悪化 コロナウイルスの世界的感染拡大
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退 原油価格暴落による資源国通貨売り ↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る