米1月雇用統計の予想(20/2/7)

日本時間2020年2月7日22時30分に発表予定です。

米1月雇用統計の予想(20/2/7)

米1月雇用統計の予想

本日は2020年最初の雇用統計が発表されます。どの様な形で始まるか注目されます。
今回の予想値は下記となっています。また今回は2019年全般の改定値がなされる予定になっています。その意味でベースとなる数値が変わる可能性もあるので、時間経過で違った捉え方が出てくる可能性がありますので要注意です。

米1月雇用統計の予想

(今回発表予想)2月7日10時現在



(1)失業率
12月の失業率は予想通りの3.5%となりました。2019年は1月3.8%⇒12月3.5%へと改善を辿りました。
1月予想も同数値の3.5%で、レンジを外すような結果とならない限り、相場へのインパクトは少ないと思います。尚、ユーロの失業率は1月30日に12月が発表されましたが、予想7.5%に対して7.4%と改善しました。

米1月雇用統計の予想 2枚目の画像

(黒線の右側は今回の米国失業率予想を加味しています)


(2)非農業部門雇用者数(NFP)
12月のNFPは市場予想を下回る数値になりました。12月NFPは14.5万人増で、レンジが5.4万人〜22.1万人でしたので、ほぼ単純平均の13.75万人に近いものとなりました。2020年最初のNFPは16.5万人ですので、前月比やや増加となっています。2019年のNFP月平均が約17.4万人増でしたので、今回予想通りなら2020年はほぼ順調なスタートであるとエコノミストは分析しています。
また、今週水曜日発表のADP社民間雇用者数が予想15.6万人に対して29.1万人との結果になり、一部では今回のNFPも上振れ予想が出ています。
2019年は5月までADPとNFPがある程度同じ推移を辿っていましたが、6月〜11月のNFPが大きく変動しており、特に11月はADP12.4万人に対してNFP26.6万人でした。下図を見ると、オレンジのADP社はほぼ一貫して下がっているのに対し、青のNFPは6月以降やや下降が緩やかになっています。

さて、今回もADPとNFPの比較をしてみます。
ここ1年間を見るとNFPとADPがほぼ同じ程度の伸びを辿っていましたが、11月と12月に青が突出しました。ADP社は2019年2月〜2020年1月までで189.1万人、NFPの2019年1月〜11月が176.9万人ですので、単純比較ではこの誤差+12.2万人が予想されます。
また11ヶ月間の両者の平均誤差が4.5万人(NFP>ADP)ですので、ADP社にこの人数を加えると193.6万人となり、NFPの11ヶ月分が176.9万人ですから12月は16.7万人が推計されます。予想レンジとしては12.2万人〜16.7万人となり、ほぼエコノミスト予想中央値に近いものとなりました。仮に公務員分(NFP>ADP)の1〜3万人を加えると上限は19.7万人となります。

米1月雇用統計の予想 3枚目の画像

青:NFP、オレンジ:ADP社


(3)平均時給
12月平均時給は予想通りの+0.3%になりました。1月も前月比+0.3%の伸び予想となっています。結果がエコノミストレンジ内に留まればあまり材料視されないと思います。尚、年率ベースでは12月+3.0%で、1月は2.9%予想(レンジ+2.8〜+3.2%)ですので、今回予想の0.3%では年率で下がることになります。

ドル/円相場は、下記の日足チャートを見ると、短期のA(=111円50銭)とB(=108円20銭)のドル高トレンドは変わっていません。Cが1月17日高値110円29銭その後110円22銭付近を2回トライして反落しているので、当面はここがポイントになります。C越えでの終値確認後にAトライになります。しかしながらAまで到達するには、週足で110円60銭〜80銭にも抵抗線があるので、ここからの上値はかなり重い感じです。一方で下値は109円50銭、109円00銭〜10銭にサポートあります。今日の雇用統計でNFPと時間給が予想を上回ればまずCのトライがあるかないかを確認する流れになりそうです。

米1月雇用統計の予想 4枚目の画像

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2020年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大 長期金利の急速な低下
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大とイタリアでの蔓延 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • トルコとロシア トルコとEUの関係悪化 コロナウイルスの世界的感染拡大
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • コロナウイルスの世界的感染拡大と中国経済の景気後退 原油価格暴落による資源国通貨売り ↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る