ドル円、米中部分合意もsell the factで伸び悩む展開。英ポンドは乱高下(10/15朝)

14日(月)の外国為替市場でドル円は下落後に反発。

ドル円、米中部分合意もsell the factで伸び悩む展開。英ポンドは乱高下(10/15朝)

ドル円、米中部分合意もsell the factで伸び悩む展開。英ポンドは乱高下

海外時間の為替概況

14日(月)の外国為替市場でドル円は下落後に反発。注目された米中閣僚級協議が部分合意に至ったことで、日本時間朝方(本邦は体育の日で休場)は底堅い動きが見られましたが、108円台半ばで上値を抑えられると、徐々に「sell the fact(事実で売る)」に転じました。@中国の9月輸出(前年比3.2%減)が本年2月以来の大幅減を記録したこと、A中国の9月輸入(前年比8.5%減)が5ヶ月連続の減少となったこと、Bトルコ・シリアを巡る地政学的リスクが高まったこと、C先週末金曜日に急伸した英ポンド円が急落に転じたこと(10/14高値137.88→10/17安値135.51)などが重石となり、欧州勢参入後には、一時108.04まで下げ幅を広げる場面も見られました。

もっとも、心理的節目108円割れが阻まれると、米国時間(米国はコロンブスデーで債券市場など一部市場が休場)にかけて持ち直す展開に。英ポンド円が再び上昇に転じたことや、ニューヨーク連銀製造業景況指数(結果4.0、予想1.0)が市場予想を上回ったこと等が支援材料となり、結局108.40付近まで持ち直してのクローズとなっております(但し、先週末金曜日に記録した高値108.62には及ばず)。

一方、ユーロドルは重要イベントを前に方向感を見出し辛い展開。欧州時間序盤にかけて一時1.1014まで下げ幅を広げるも、ユーロ圏・8月鉱工業生産(結果0.4%、予想0.3%)が市場予想を上回ると、1.1043まで持ち直す展開となりました。ただ、10/15のEU総務理事会、10/17ー18のEU首脳会議など重要イベントを前に様子見ムードも根強く、引けにかけては横ばい推移。結局1.1025近辺でのクローズとなっております。尚、英ポンドはこの日も神経質に上下する展開。合意なき離脱を巡ってヘッドラインが応酬する中、英ポンド円は、10/14高値137.88→10/17安値135.51→10/17米国時間高値137.04→10/17クローズ136.05近辺)と大きな値幅で乱高下する状態が続いております。

ドル円のテクニカル分析

ドル円は、10/3安値106.48をボトムに底打ちすると、10/4安値106.58→10/7安値106.69→10/8安値106.82→10/9安値106.93→10/10安値107.17→10/11安値107.85→10/14安値108.04と、7営業日連続で下値を切り上げる展開となっております。この間、一目均衡表基準線や、一目均衡表雲上限、90日移動平均線、一目均衡表転換線、ボリンジャーミッドバンド、FOMC直後に記録した直近高値108.48を軒並み突破するなど、テクニカル的みて、「地合いの強さ」が意識されるチャート形状です。

一方で、ファンダメンタルズ的に見ると、@トランプ米大統領を巡る弾劾機運の高まりや、A欧米を始めとした世界経済の減速懸念、B米中を巡る不確実性の継続(米中協議は部分合意に至るも本質的な解決は先送り)、Cトルコを巡る地政学的リスク、D英国の合意なき離脱リスク、E日米金融政策格差(追加利下げが織り込まれる米国と、副作用を警戒して追加緩和に二の足を踏んでいる日銀との金融政策の方向性の違い)など、ドル売り・円買いに繋がり易い材料が引き続き多く残っています。特に、上記Bについては、10/15に発動が予定されていた対中関税の見送りが決定されましたが、12/15に予定されている分については、未だ「課される可能性」が残っております。米中関係はこれまでも「関係改善と関係悪化」を繰り返してきた背景があることから、まだまだ油断はできない状況です。

本日は中国のインフレ指標(CPIやPPI)に加えて、セントルイス連銀ブラード総裁、アトランタ連銀ボスティック総裁、カンザスシティ連銀ジョージ総裁、サンフランシスコ連銀デイリー総裁など、米当局者講演に注目が集まります。ハト派的な見解が維持されれば(※部分合意を受けてタカ派的なスタンスに変わる可能性もあり)、米利下げ観測を織り込む形でドル売りが強まるシナリオが想定されます。また、英国の合意なき離脱リスクや、トランプ米大統領弾劾リスク、トルコを巡る地政学的リスクに絡むヘッドラインが報じられた場合も、リスク回避的な円買いが強まる可能性があり注意が必要です。当方では引き続き、ドル円・クロス円の反落をメインシナリオとして予想いたします。(本日の予想レンジ:107.75ー108.75)

ドル円、米中部分合意もsell the factで伸び悩む展開。英ポンドは乱高下

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る